ビットコインの5年間のトレンドラインが2020年5月に収束-資産管理会社Ikigai創設者

暗号資産管理会社Ikigaiの創設者トラヴィス・クリン氏は、「今まで見た中で最も完璧なトレンドライン」としてビットコインのチャートを共有した。2020年5月に強気のブレイクアウトが起こる可能性を示している。

目次

ビットコインの5年間のトレンドラインが2020年5月に収束

2015年以来の

トレンドライン

がビットコインをサポートしている。ビットコインは今年初めにこのラインに触れて反発した。

三角持ち合いのサポートとレジスタンスは2020年5月の収束を示唆している。この時期にビットコインのブロック報酬は12.5 BTCから6.25 BTCに半減する。マイナーが受取るブロック報酬は、1日あたり1,800 BTCから900 BTCに半減するため、売却圧力が緩和されと期待されている。新規に発行されるビットコインは、1日あたり1440万ドルから720万ドル相当になる(ビットコインあたり8,000ドル換算)。

ビットコインは1月19日に9,188ドルに達して以来およそ10%低下している。24日にビットコインは、8,200ドルの200日移動平均線で反発して一時8,500ドルまで回復。25日に8,360ドルで取引されている。

引用:ピーター・ブラント ツイッター
引用:ピーター・ブラント ツイッター

著名なトレーダー、ピーター・ブラント氏によると、ビットコインは50日指数移動平均線(EMA)下にあり、8,500ドルの以前のサポートがレジスタンスとして機能している。ブラント氏は「チャネルの上限の再テストは正常」として、現在の調整を次の上昇相場の準備と指摘する。1月14日の安値8,140ドルを割らない限り、強気を維持すると加えた。

関連記事



目次