COIN TOKYO

¥1,061,615
BTC +0.16%
¥27,507
ETH +1.39%
¥30.60
XRP +1.19%
¥29,980
BCH +4.05%
  • 2020/02/11
  • 2020/02/12
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)はこれまで続いていた上昇の値動きが遂に終わるのか?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/11】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
1月から上昇チャートを形成してきたビットコイン(BTC)でしたが、2月10日より上昇の値動きを止め、反落の値動きへ切り替わっています。ビットコイン(BTC)にとって、現在の反落が上昇チャートを形成するための調整の値動きなのか?それとも上昇トレンドが終わってしまうのでしょうか?

最大 12000円 のBTCをGET!
(0.3BTCのデポジットするだけ)
注目取引所のBTCMEXでキャンペーン中

btcmexの口座開設

BTCMEXとは?という方や、詳しい口座開設方法を知りたい方はこちらで解説!

ビットコイン(BTC)は2019年10月の最高値接触後、反落への値動きを見せている!

ビットコイン(BTC)の価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

ビットコイン(BTC)は1月以降上昇チャートを形成しており、強気相場目線での取引が続いています。

そんな中、2月10日に、2019年10月の最高値に接触したビットコイン(BTC)はこれまでの上昇の値動きを止め、一時反落の値動きへ切り替えました。

2019年10月の時点でも、113万円台近辺に接触したビットコイン(BTC)は非常に強い売り圧力を発生しており、今回も多くjの売り注文が仕掛けられていた予測が立ちます。

問題は今回の反落が、上昇チャートのための調整の値動きなのか、それともこれまでの上昇チャートが終える兆しなのかということです。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今後のビットコイン(BTC)相場にとって、ポイントとなるのが、明確なサポートラインを形成することが出来るのかということです。

まずサポートラインとして意識されるのは、これまでの上昇チャートの値動きを一時鈍らせた104万円台です。

104万円台は過去のレジスタンスラインとしても機能していた価格帯であり、今後のビットコイン(BTC)に対してサポートラインへロールリバーサルされた場合、ビットコイン(BTC)は再び上値を更新する可能性が高まるでしょう。

また今後104万円台には20日移動平均線も推移する見通しとなっており、移動平均線へのタッチは押し目買いを起こすポイントとなる場合があります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

現在既に上昇への勢いを失い、徐々に下落しているビットコイン(BTC)、しかし買い注文量は依然として急増する動きを見せており、相場は反落している現在も強気相場目線が持続している可能性が高いでしょう。

しかし104万円台ブレイクが起きる場合、2月に入って急増した買い注文量は損切りという形で手放される可能性もあり警戒は必要です。

104万円台がサポートラインとして機能する場合、強気相場目線のビットコイン(BTC)相場には押し目買いの動きが見られやすくなり、再び上値を更新を目指す値動きへ展開する場合があります。

ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目したい価格帯として、下値に関しては104万円台がサポートラインとして機能するのか注目しましょう。

上昇チャートを形成するために突破したい価格帯は引き続き113万円台近辺ということになるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。
















仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る