COIN TOKYO

  • 2020/03/08
  • 2020/03/08
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は下値が固い展開!今後の更なる上昇への期待は?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【3/8】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は2月上旬より上昇チャートを形成し、2月末に反落するものの、反落の値動きは限定的、その後再び上昇への値動きへ切り替わっています。下値が固い状況となっているイーサリアム(ETH)は今後更に上値を伸ばすことが出来るのでしょうか?

イーサリアム(ETH)の下値は固いが、上値も重い印象?

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。2月上旬より上昇チャートを形成してきたイーサリアム(ETH)ですが、2月末にかけて反落の値動きへ切り替わりました。

しかし反落の値動きは20日移動平均線に支えられた形となり、2月26日から3月5日までサポートライン上でのレンジ相場を形成しています。

3月6日には大陽線を形成し再び上昇チャートを形成、多くの仮想通貨と比較して反落の値動きが限定的となったイーサリアム(ETH)は未だ75日移動平均線、20日移動平均線を上回っており、強気相場目線が継続となっています。

しかし3月7日のローソク足には長い上ヒゲが形成、実践も小さいものとなっており、上値も重い状況であることがわかります。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは1月上旬より上昇チャートを形成するも、2月末から強い反落を起こしています。

イーサリアム(ETH)の反落により、既に20日移動平均線を下方へブレイクしていることもあり、相場は1月上旬からの強気相場目線が一巡した可能性があります。

本日3月8日より一目均衡表の雲に接触しているイーサリアム(ETH)は今後一目均衡表の雲に支えられながら再び上昇チャートを形成できるのか注目です。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

今後の値動きとして、下値が固い印象のあるイーサリアム(ETH)ではあるものの、上値も重い印象のある状況です。そのためイーサリアム(ETH)は今後一時的なレンジ相場を形成しやすい状況にあるでしょう。

注目したいポイントは今後も20日移動平均線がサポートラインとして機能するのか注目です。引き続き20日移動平均線に支えられる展開となる場合、イーサリアム(ETH)は仮にレンジ相場を形成しながらも長期的には強気相場目線が継続ということになります。

しかし20日移動平均線をブレイクする場合、相場は弱気相場目線へ大きく偏ることになるでしょう。

イーサリアム(ETH)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)の今後注目したい価格帯として、上値に関しては0.0285BTC台、下値に関しては0.0257BTC台の明確なブレイクに注目です。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る