COIN TOKYO

¥966,859
BTC -0.17%
¥24,452
ETH -0.49%
¥25.42
XRP -0.47%
¥35,681
BCH -1.02%
  • 2020/03/26
  • 2020/03/26
  • コイン東京編集部

「5%の割り当てがビットコインを35万ドルに押し上げる」-クラーケンがベビーブーマー世代からの富の移転を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
「5%の割り当てがビットコインを35万ドルに押し上げる」-クラーケンがベビーブーマー世代からの富の移転を分析
引用:Kraken
アメリカではミレニアル世代とジェネレーションX世代が、ベビーブーマー世代から今後25年間で68兆ドルを相続すると推測されている。これらの富の5%が割り当てられると、ビットコインが2044年に最大350,000ドルに到達する可能性がある。

手数料が最もお得な取引所BTCMEX
レバレッジ取引をする方におすすめ!

btcmexの口座開設

BTCMEXとは?という方や、詳しい口座開設方法を知りたい方はこちらで解説!

5%の割り当てがビットコインを35万ドルに押し上げる

仮想通貨取引所クラーケンのレポート『米ドルの相続&ビットコインの取得:「巨大な富の移転がビットコインの採用を促進する』によると、アメリカのジェネレーションX(1965~1980年生)とミレニアルズ(1981~2000年)が相続した財産の5%(971億ドル)をビットコイン(BTC)に投資した場合、2044年にビットコイン価格は最大350,000ドルに引き上げられる可能性がある。控えめに1%をビットコインに投資する場合、2044年に70,000ドルに到達する可能性がある。

上記のチャートは、ベビーブーム世代の人口推移と、ジェネレーションXとミレニアルズに移転する資産の予測フローを示している。クラーケンの試算では、計70兆ドルの70%が今後10年間で移転する。同社の2019年の調査では、18歳~34歳の回答者の42%が、「今後5年間でビットコインを購入する可能性が高い」と回答していた。

引用:Kraken
引用:Kraken

ミレニアル世代とジェネレーションXは、今後も仮想通貨の採用の原動力であり続けるだろう。どちらの世代も優れた技術力を利用している。クラーケンは、「ミレニアルズとジェネレーションXの41%が2030年までに法的取引で広く受け入れられるようになる」と加えた。

Cerulli Associatesによると、米国の団塊の世代は全資産の約57%を保有しており、今後25年間で68兆ドルもの富が世代間を移動すると予測されている。こうしたアロケーションは、「Great Wealth Transfer(巨大な富の移転)」と呼ばれ、今後2年間で50兆ドルがミレニアル世代とジェネレーションX世代に引き継がれる。デロイトコンサルティングのリサーチによると、相続人の80%以上が両親の財産を受け継いだ後に新しいファイナンシャルアドバイザーを探すことを検討している。

【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る