COIN TOKYO

  • 2020/03/28
  • 2020/03/28
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は短期的に下落の値動きを見せる!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【3/28】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は3月27日まで横ばいの値動きを続けていたものの、本日3月28日にレンジ相場内で短期的な下落の値動きを見せています。価格帯としてはまだレンジ相場範囲内ではあるものの、今回の下落はどのような意味を持つのでしょうか?

ビットコイン(BTC)は売り注文量を急増させながら下落の値動き!

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。3月27日まで揉み合いの値動きを続けてきたビットコイン(BTC)は、76万円台をレジスタンスラインとする値動きとなっています。

更に下値に関しては20日移動平均線がサポートラインになりつつある相場で収束の値動きを見せていたビットコイン(BTC)でしたが、本日3月28日に大緯線を形成し下値を切り下げる展開となっています。

下落の動きを見せたタイミングを注文比率チャートで確認した場合、売り注文量が急増する動きも確認されており、今回の下落は売り注文急増による売り圧力が優勢になったためと考えることができるでしょう。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

今回の下落はまだビットコイン(BTC)のレンジ相場範囲内での下落ではあるものの、中期移動平均線を大きく下回り、短期的にも弱気相場目線へ移行した形となります。

またレンジ相場の中で売り注文量の急増による下落という点から、大衆心理としても下落目線が強くなっている状況ではないでしょうか。

76万円台近辺への接触はローソク足上に長い上ヒゲを伴うものが続いていたこともあり、上値が重い印象となった相場となっています。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

今後の値動きとして、移動平均線を大幅に下回る展開と、売り注文の急増から更に下落の値動きとともにレンジ相場から下降チャートへ移行する可能性が高まっています。

注目するポイントとしては直近下値である63万円台での値動きです。直近安値にて揉み合いの値動きを見せる場合、ビットコイン(BTC)の短期取引目的の売り注文は手放されやすい展開となり、再びレジスタンスラインである76万円台近辺まで反発を見せる可能性があります。

ビットコイン(BTC)の取引を今から始める方はトレード初心者の方はレバレッジ倍率が最大100倍、追証なしで安心に取引が行えるBitMEXがおススメです。口座開設はこちらから

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

今後注目したいビットコイン(BTC)の価格帯として、上値は引き続きレジスタンスラインである76万円台に注目です。

下値に関しては直近安値である63万円台近辺での値動きに注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】

仮想通貨の最新情報をお届けします!