COIN TOKYO

  • 2020/04/04
  • 2020/04/04
  • コイン東京編集部

インドで仮想通貨投資が活気づく、株やゴールドを上回る人気、ビジネスへの期待もーピアツーピア・ビットコイン取引所Paxful調査レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドで仮想通貨投資が活気づく、株やゴールドを上回る人気、ビジネスへの期待もーピアツーピア・ビットコイン取引所Paxful調査レポート   +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ピアツーピア取引所Paxfulによると、仮想通貨についてある程度理解しているインド人の4人に3人がビットコインに投資している。3日にQuartz Indiaが伝えた。

ビットコインに株やゴールドを上回る人気、ビジネスへの期待も

2018年4月に中央銀行が市中銀行に仮想通貨ビジネスへの口座提供を禁止したが、今年3月に最高裁による違憲判決が下り事実上解除された。取り締まり前、インドの仮想通貨取引所は毎月最大30万人の新規ユーザーを獲得していた。

Paxfulが3月に行った18歳から55歳までインド人500人への調査から、彼らの75%が仮想通貨に投資していたことがわかった。インド準備銀行による禁止解除前に、Paxfulの1月のP2P市場の取引量は300万ドルを超え、回答者の93.8%が解禁前に仮想通貨に投資していた。

全体的に、インドの仮想通貨に対するポジティブな姿勢が反映されている。まず、回答者の64%が仮想通貨への投資は経済的な自由につながるとした。

引用:Paxful
引用:Paxful

これは、インド市民が規制を望んでいない訳ではない。回答者の81.6&が取引所のコンプライアンス、ライセンスを求め、75%以上がKYC(本人確認)が必要と考えている。

引用:Paxful
引用:Paxful

調査はまた、仮想通貨が雇用を生み出すと信じていることを示した。2019年にインドは45年ぶりの高失業率を記録した。

引用:Paxful
引用:Paxful

仮想通貨は、余剰資金の投資先としても好まれている。仮想通貨(40.4%)は株式や債券(30%)、不動産や金の14%を上回っている。

引用:Paxful
引用:Paxful

また、回答者の50%以上が仮想通貨へのスムーズなアクセスが小売業などのビジネスに大きな利益をもたらす可能性があるとした。65%以上が、エンタープライズや企業・機関に利益をもたらすと回答している。

引用:Paxful
引用:Paxful

Paxfulのレイ・ヨセフCEOは、インドのモバイル革命の進展により、高齢層が仮想通貨市場を知り、学ぶようになったと語った。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る