COIN TOKYO

  • 2020/04/27
  • 2020/04/27
  • コイン東京編集部 ヒロ

モナコイン(MONA)は強力なレジスタンスに続伸を阻まれる展開!モナコインの今後を価格チャートから分析【4/27】

このエントリーをはてなブックマークに追加
モナコイン(MONA)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
モナコイン(MONA)はチャネルを形成しながら価格を上昇させていますが、現在節目のレジスタンスに続伸を阻まれています。月末に向けての動きに注目が集まるモナコイン(MONA)の今後のポイントを価格チャートから分析し、解説していきます。

モナコイン(MONA)のチャートから価格分析【4/27】

現在モナコイン(MONA)は安値を切り上げ上昇相場が続いていますが、25日から節目のレジスタンスに続伸を阻まれています。

まずは月末に向けての動き、その後形成中の三角持ち合いをどちらに抜けるかが今後のポイントになってきそうです。

モナコイン(MONA)の対JPY価格チャートを確認していきましょう。

モナコイン(MONA)は節目のレジスタンスを抜けられるかがポイント

モナコイン(MONA)の価格チャート①

対JPYのモナコイン【MONA/JPY】1時間足チャートを確認していきます。

19日から20日にかけて価格を下落させたモナコイン(MONA)でしたが、直近底値手前で反発させ、その後上昇相場へと移行しています。

現在上昇チャネルを形成しながら価格を伸ばしていますが、25日から131円付近のレジスタンスに続伸を阻まれる展開となっており、今後もこの価格帯を節目のポイントとして注視しておく必要がありそうです。

今後価格を下落させていった場合は、チャネルの下限ラインが引き続き反発ポイントとして意識されると考えられるので、ライン付近の動きに注目しておきましょう。

月末に向けて形成中のチャネルを下抜けるか、131円のレジスタンスを抜けるかの決着がつく可能性は高く、どちらに抜けるかでその後の方向性が決まってきそうです。

モナコイン(MONA)は三角持ち合いを形成-ライン付近の動きに注目

モナコイン(MONA)の価格チャート②

続いて対JPYのモナコイン【MONA/JPY】4時間足チャートを確認していきます。

20日から連日価格を上昇させているモナコイン(MONA)は、現在4時間足水準で新たな持ち合いを形成しており、今後持ち合い収束に向けての動きに注目が集まります。

5月中旬に向けてこの持ち合いを上抜ける展開となれば、4月の高値である140円付近を目指す動きに期待ができるでしょう。

反対に持ち合いを抜けてしまった場合は、まず123円のサポートが反発ポイントとして意識されそうです。

この価格帯は4月に入ってから何度もサポートとして下値を支えているので、今後も反発の動きが期待できる位置として注目しておきましょう。


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!