ビットコインのレンジ相場入り、アルトシーズンの期待高まる―海外トレーダー展望

ビットコインの価格はわずか2日間で22%上昇して9,400ドル(100万円)を上回った。しかし、2月にビットコインの10,500ドルの天井を的中させたHedge Fund Telemetryの責任者トーマス・ソーントン氏は、再びビットコインが天井に達していると指摘した。

目次

ビットコインのレンジ相場入り、アルトシーズンの期待高まる

ソーントン氏はTDシーケンシャルに基づいて、ビットコインが7800ドルから6500ドルに下落する可能性があると述べた。トレンドの天底判断に使用されるテクニカル指標『TDシーケンシャル』は、

ローソク足

のカウント13が出たらトレンドが終焉する可能性が高い。この場合、強気トレンドが継続する前にローソク足4〜5本の調整を示唆している。

仮想通貨オプションのトレーダーTheta Seekによると、複数の相対取引(OTC)デスクでは、ビットコイン価格が9,000ドルを超えた時点で記録的な量の空売りが発生したとフォーブスが伝えている。売り注文の急増は、最大のビットコイン先物取引所OKExでも確認された。

引用:CryptoMichaël
引用:CryptoMichaël

アムステルダム証券取引所の元トレーダー–であるCryptoMichaël氏は、ビットコイン新たなレンジ(8400ドル~9200ドル)相場中に多くの購入機会が訪れると述べた。Michaëlはまた、ビットコインのFOMO(取り残されることへの恐れ)が落ち着くと、

アルトコイン

が輝く瞬間が来ると予測している。

【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】






目次