COIN TOKYO

  • 2020/06/22
  • 2020/06/22
  • コイン東京編集部

Bybitがトレーダー向けにアプリ戦略アラートを追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポール(2020年6月18日):仮想通貨デリバティブ取引所Bybitは、ユーザー向けにカスタマイズ可能な戦略アラート機能を追加すると発表した。これにより、トレーダーはモバイルアプリを介してさまざまなインジケーターにアラートを設定できる。

戦略アラート機能を使用すると、ユーザーは取引インターフェースから離れていても、取引のタイミングを見逃すことはない。仮想通貨市場は24時間365日変動しているため、トレーダーが外出中等この機能を利用できる。

トレーダーは、自分のニーズに最適なアラートを選択することができる。目標が達成されると、Bybitアプリを介して通知が送信される。

4種類のアラート

戦略アラートは、ポートフォリオに影響を与える可能性のある市場の動きをトレーダーが追跡するのに役立つ手段として、従来の金融市場で一般的にも使用されているものです。トレーダーの戦略に合わせた4つの異なるタイプのアラートがあります。

4つのアラートには価格アラート、トレード追跡、価格急変、市場熱量がある。

価格アラートは、特定の価格がいずれかの方向に交差したときにユーザーに通知を送信する。
たとえば、ビットコインに$ 10,000の価格アラートを定義したとき、BTCの価格が$ 10,000を上回るか下回るたびに通知を受け取ることができる。これは、純粋なストップロスや利食機能を実装するのではなく、そのような動きが起こった場合に市場の状況を監視できるアラートです。

トレード追跡では、移動平均線と指数移動平均線に基づいたアラートを提供することで、トレーダーは市場の方向性をナビゲートすることができる。例えば、短期移動平均線が長期移動平均線の上を通過した場合、シグナルを送信します。逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を下回った場合は、弱気の売りシグナルとなる。

価格急変は、指定された数のろうそくの中で価格がローカルの高値または安値に触れたときに警告を送り、市場のターニングポイントをキャプチャする。新興市場のトレンドに基づいてポジションに出入りできる。

市場熱量を使用すると、トレーダーは市場のマクロトレンドに基づいてシグナルを受けることができる。たとえば、特定の資産の建玉または予測資金調達率が特定の値を超えた場合だ。


Bybitについて
Bybitは、2018年3月に設立されたシンガポールに拠点を置く仮想通貨デリバティブ取引所です。香港と台湾にもオフィスを構えています。 Bybitには、個人の顧客からプロのデリバティブトレーダーなどを抱えています。

Bybitのテクノロジーチームには、モルガン・スタンレー、テンセント、平安銀行、ヌオヤ・フォーチュンなど、多数の大手企業の専門家がいます。この取引所は、ゼロダウンタイムで毎秒10万件の取引が可能なマッチングエンジンをトレーダーに提供しています。 Bybitは、すべての人にとって公正、透明、かつ効率的な取引環境の構築に取り組んでいます。

詳細については、https://www.bybit.com/ja-JP/ をご覧ください。

仮想通貨の最新情報をお届けします!