COIN TOKYO

  • 2020/06/21
  • 2020/06/21
  • コイン東京編集部 ヒロ

モナコイン(MONA)は間も無く大きな値動きが生じる?モナコインの今後を価格チャートから分析【6/21】

このエントリーをはてなブックマークに追加
モナコイン(MONA)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
モナコイン(MONA)は連日安値を切り上げていますが、目先のレジスタンスで上値を阻まれています。現在アセンディング・トライアングルを形成しているモナコイン(MONA)の今後のポイントを価格チャートから分析し、解説していきます。



仮想通貨取引所 SBIVC

モナコイン(MONA)のチャートから価格分析【6/21】

モナコイン(MONA)はここ数日大きな値動きがない相場となっていますが、形成中のトライアングルが収束する今月下旬に向けて大きく動く可能性が高そうです。

目先のレジスタンスを超え、再び200円台に価格を乗せる展開となるのでしょうか?

対JPY価格チャートを確認していきましょう。

モナコイン(MONA)は6月下旬に向けての動きに注目

モナコイン(MONA)の価格チャート①

対JPYのモナコイン【MONA/JPY】1時間足チャートを確認していきます。

6月中旬から安値を切り上げる動きが続いているモナコイン(MONA)ですが、ここ数日188円のレジスタンスで上値を阻まれる展開が続いています。

現在アセンディング・トライアングルを形成しており、今後このまま徐々に収束していく動きが考えられるので、月末に向けての動きに注目しておきましょう。

目先のレジスタンスである188円を超えることができると、その後今月の高値から続く下降トレンドライン(赤)の突破にトライする展開に期待ができそうです。

今後トライアングルを下に抜けた場合は、15日から続く上昇トレンドが崩れ、その後180円を割り込む動きとなる可能性が高いので、注意しておきましょう。

モナコイン(MONA)は雲を抜け高値を目指す動きとなるか?

モナコイン(MONA)の価格チャート②

続いて対JPYのモナコイン【MONA/JPY】4時間足チャートを確認していきます。

6月上旬から短期的に下落相場となっていたモナコイン(MONA)ですが、200EMAに下値を支えられ現在再び上昇相場を形成しつつあります。

ここ数日は大きな値動きもなく出来高も減少してきていますが、今後上記で解説したトライアングルが収束する6月下旬に向けて仕掛けの動きがくる可能性は高いでしょう。

今後4時間雲を明確に超えられると、上値は軽くなりその後再び200円台を目指す動きに期待ができそうです。

雲を割り込んでしまうと、再び短中期的に下落相場となる展開が警戒され、節目のサポートとなる165円までの下落も想定しておかなければいけません。


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。



仮想通貨の最新情報をお届けします!