COIN TOKYO

  • 2020/06/27
  • 2020/06/27
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は移動平均線に支えられているものの、上値も重い?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【6/27】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は6月20日近辺で移動平均線のサポートが確認された値動きとなっているものの、その上値は4月以降の高値を超えられずに揉み合いが続いています。上値が重い展開となっているイーサリアム(ETH)は今後どのような値動きとなるのでしょうか?チャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)の上昇は限定的な展開に!

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。イーサリアム(ETH)は6月中旬以降から上値を一時切り下げるレンジ相場を形成していたものの、下値は20日移動平均線がサポートする展開となり、そのまま上値を短期的に伸ばしました。

しかし上昇後のイーサリアム(ETH)は4月以降の最高値近辺で抑えられる展開が続いており、ローソク足には長い上ヒゲが伴うものが連なる形を展開しています。

更に6月25日以降は上値を緩やかに切り下げる形にもなっているため、今後大きな下落に対する警戒が必要な状況となっています。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨のイーサリアム(ETH)チャートでも揉み合いの値動きが続いてはいるものの、今のところ5月上旬からのレジスタンスラインサポートラインへロールリバーサルされた展開が続いており、相場観としては強気相場が意識されやすい相場となっています。

しかし対法定通貨チャートでも上値の伸びが限定的となっていることから、今後サポートラインブレイクの可能性も残されている状況です。

特に本日6月27日まで上値が徐々に切り下がる形にもなっているため、今後上値切り下げが続く場合、下落への警戒は必要でしょう。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

現在のイーサリアム(ETH)相場は複数の移動平均線を上回っているという点、短期から長期までの移動平均線によりパーフェクトオーダーが完成されている点などから基本的には強気相場が意識されやすい相場です。

しかし短期的には6月22日の大陽線形成以降は長い上ヒゲを伴うローソク足が目立っており、その後上値を切り下げている展開となっています。

ボリンジャーバンドの収束も強くなっていることから今後大きな値動きを見せる可能性が高まりつつあるイーサリアム(ETH)は短期的には下落の可能性が高い状況にあります。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)の今後注目したい価格帯は上値に関しては引き続き0.026BTC台ブレイクに期待しましょう。

下値に関しては0.0244BTC台を下回らない展開に期待したいところです。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。



仮想通貨の最新情報をお届けします!