COIN TOKYO

  • 2020/07/10
  • 2020/07/10
  • コイン東京編集部 ヒロ

モナコイン(MONA)はチャネル上限に達するも反落の動き-モナコインの今後を価格チャートから分析【7/10】

このエントリーをはてなブックマークに追加
モナコイン(MONA)の今後を価格チャートから分析-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
モナコイン(MONA)は下降チャネルの上限ラインにタッチした後、価格を急落させています。本日反発の動きを見せたモナコイン(MONA)の今後のポイントを価格チャートから分析し、解説していきます。



仮想通貨取引所 SBIVC

モナコイン(MONA)のチャートから価格分析【7/10】

モナコイン(MONA)は昨日6月から続く下降チャネルの突破にトライする動きを見せましたが、上値を阻まれ反落しています。

更なる価格下落が危険視されるモナコイン(MONA)は、今後どのような動きを見せるのでしょうか?

対JPY価格チャートを確認していきましょう。

モナコイン(MONA)は昨夜から弱気な展開が続く

モナコイン(MONA)の価格チャート①

対JPYのモナコイン【MONA/JPY】1時間足チャートを確認していきます。

昨夜から価格を大幅に下落させていたモナコイン(MONA)は、本日レジサポ転換として意識されるトレンドラインにタッチ後、反発の動きを見せています。

しかし現在目先のレジスタンスとなる182円付近で上値を阻まれており、今後はまずこのレジスタンスラインを上抜けられるかが重要なポイントになるでしょう。

現在の価格水準で上値の重さを確認し再び下落の動きとなった場合は、本日の安値である175円付近を目先の反発ラインとして注目しつつ、170円付近までの下落も想定しておく必要がありそうです。

モナコイン(MONA)は下降チャネル突破を目指せるか?

モナコイン(MONA)の価格チャート②

続いて対JPYのモナコイン【MONA/JPY】4時間足チャートを確認していきます。

6月初頭から高値切り下げの動きが続いているモナコイン(MONA)は、本日大きな下ひげを形成しこのまま価格を戻していく展開に期待が集まります。

今後4時間雲に沿って価格を上昇させていく動きとなった場合、引き続き下降チャネルの上限ラインがレジスタンスとして意識されると考えられるので、ライン付近の動きには注目しておきましょう。

再び下落の動きとなった場合、今年3月から続く長期上昇トレンドライン(白)を試しにいく可能性が高く、トレンドラインを割り込んでしまうとその後155円付近まで価格を下落させる恐れがあります。


関連記事

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。



仮想通貨の最新情報をお届けします!