COIN TOKYO

  • 2020/07/22
  • 2020/07/22
  • コイン東京編集部

アルトコイン一気読み:BCH、ライトコインのファンダ強化。イーサリアムは下落トレンドから脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルトコイン一気読み:BCH、ライトコインのファンダ強化。イーサリアムは下落トレンドから脱却 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
グレイスケール・インベストメンツの2つの証券「ビットコインキャッシュ・トラスト(BCHG)」および「ライトコイン・トラスト(LTCN)」は、米国の金融規制当局(FINRA)による公募の承認を受けた。



仮想通貨取引所 SBIVC

BCH、ライトコインのファンダメンタルズの強化

グレイスケールは21日、2つの投資信託がFINRAに承認されたことを発表した。それぞれBCHGおよびLTCNのシンボルで店頭市場OTC Marketsに上場となる。同社は「ビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)から価値に由来する米国で最初の上場証券」と述べている。

2つの信託は2018年3月以来、適格投資家向けの私募として提供されてきた。今後、一般投資家も投資口座を通じて、OTC MarketsでBCHG およびLTCNを売買することができるようになる。

7月20日時点のビットコインキャッシュ・トラストの管理資産(AUM)は600万ドルで、ライトコイン・トラストは210万ドル。グレイスケールの2020年第2四半期報告によると、同社の暗号資産・投信は全体で第2四半期中に約10億ドルを追加し、流入の84%が機関投資家によるものだった。

LTC/USD
LTC/USD

22日にライトコインの価格は前日比3.6%上昇して43.51ドルとなっている。ライトコインは上昇トレンドラインを上回り、RSIは増加しているため、強気のバイアスが機能している。直近の上昇は43.79ドル付近の50 SMAに制限されており、49.65ドルの200 SMAもまた強力な抵抗が予想される。

BCH/USD
BCH/USD

ビットコインキャッシュは22日に前日比3%上昇して229.79ドルとなったが、継続中の234.85ドルと 215.96ドルのレンジ内にある。モメンタムを測るオーサム・オシレーター (AO)は減少しており、AOがゼロを下回ると、短期的な弱気の売却機会を示すこととなる。

イーサリアムブロックチェーンではDeFiの興隆により、ネットワークがひっ迫し、取引手数料がブロック報酬の収益の半分近くに達している。22日にイーサリアムの共同創設者ヴィタリク・ブテリン氏は、問題に対処するために提案「EIP 1559」を提出している。

アムステルダム証券取引所のトレーダーで分析家のクリプト・マイケル(@CryptoMichNL)氏は、イーサリアムの次の上昇トレンドで、5000〜1万ドルに達しても驚かない、と強気を示している。ベテラントレーダーのピーター・ブラント氏もイーサリアムの強気シーズンを主張している。同氏は9日、イーサリアムは対ビットコインの下落トレンドを抜けており、今後も値上りする可能性が高いと予想している。マイケル氏もまた、イーサリアムが上昇トレンドにあり、短期的に500ドルに達する可能性があると加えた。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!