COIN TOKYO

  • 2020/07/24
  • 2020/07/24
  • コイン東京編集部

CryptoAltum  1:500レバレッジのCFD取引プラットフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

MT5プラットフォームであるCryptoAltumはFill注文またはKill注文を利用します。
これは、注文が最良価格で取引が実行され、部分約定がない取引を行うことを意味します。

CryptoAltumは、ディーリングデスクの介入なしにすべての取引を自動的行います。自動的に取引マーチングトレーダーはいつでもポジションに出入り可能です。 ユーザーが自分のアカウントで保有できる注文ポジションの最大数には、最大200の委託注文取引と30の進行中注文が含まれ、全体的なエクスポージャーが最大の1,000,000米ドルを超えないことを条件とします。マージンコールは150%で、ストップアウトレベルは100%です。

CryptoAltumは、MT5で利用可能な完全な市場深度をすべての機器に提供します。価格設定の透明性をさらに実証するために、ティックデータリクエストをCryptoAltumリスクチームから入手できます。このプラットフォームは、暗号資産へのエクスポージャーを提供するだけでなく、外国為替、ゴールド、およびインデックスにも提供します。

BTC、XRP、DASH、LTC、BCH、ETH、EOS、XMRの価格を含む暗号資産ペアの場合、取引ペアごとに最大1,000,000ドルの制限があり、USDでのボリュームが増加すると、マージン要件も増加します。たとえば、ボリュームが$ 10,000未満の場合、マージンは0.2%ですが、ボリュームが$ 200,000を超えると、必要なマージンが5%に増加します。

CryptoAltumが提供する1:500レバレッジは、ADA、BNB、BSV、およびTRXを含む暗号資産ペアの場合、取引ペアごとの最大制限は$ 300,000で低く、マージンが増加する場合のボリューム制限も低くなり、ボリュームが$ 80,000を超えると、ユーザーは5%のマージンを設定する必要があります。

下端のマージンは0.2%です。ユーザーが直面する手数料は、ロングポジションまたはショートポジションのファイナンスであり、ロットサイズに、流動性プロバイダーから毎日変化するファイナンスポイントを乗じて計算されます。仮想通貨の資金費用手数料は4時間ごとに適用されます。

ポジションがオープンのままでいる時間が長いほど、資金調達率は高くなります。暗号資産のロットごとの過去の売買プレミアムは-.0114%から-.0186%の範囲です。

CryptoAltumはマーシャルアイランド共和国を本拠とする取引所です。
1:500のレバレッジオファリングは最低0.2%のマージンを意味しますが、TradeDirect365などの他の競合プラットフォームでは、暗号資産に40%のマージン要件が必要になる場合があります。
CryptoAltumは、多種多様な暗号資産、Forex、Gold、Indices市場で興味深い機能を備えた取引所です。
プラットフォームは、独自のWhatsapp、Messenger、Telegram、Lineで24時間年中無休のサポートチーム対応可能です。

本記事はプレスリリースです。 本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!