COIN TOKYO

  • 2020/07/28
  • 2020/11/30
  • コイン東京編集部

SnapExのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

SnapExとは

2019年は仮想通貨(暗号資産)デリバティブ市場の急速な発展の年であり、年間のデリバティブ取引髙は3兆ドルに達します。仮想通貨市場にはますます多くの契約取引サービスプロバイダーがありま
すが、それらのサービスのほとんどは類似しています。

さらに、仮想通貨の取引サービスでは、詐欺事件が多数発生しています。 2019年3月にBitwise Asset Managementが発行したレポートは、さまざまな仮想通貨取引におけるビットコイン取引量の95%が「偽造」または不正な取引の結果であると示しました。

SnapExプラットフォームには多くのユニークな利点があります。同時に、SnapExはCFD(差金決済)取引モデルを採用しており、仮想通貨市場での不正と偽造操作を効果的に回避できます。

SnapExの強み

SnapExプラットフォームは、偽造操作に対して耐性があります。

SnapExのチャートに表示されるKライン相場表示は、3つの大手仮想通貨取引所のリアルタイムの現物取引データに基づいた加重平均値を採用しています。これにより、SnapExプラットフォームでの仮想通貨価格のリアルタイム性と公正さが保証されます。

SnapExプラットフォームは、ユーザーの注文が即座に執行されるようになっています。
SnapExでの取引はダイナミックトレーディングモデルを採用しています。ダイナミックトレーディングとは、ユーザーが行った注文の売買価格が現在の市場の売買価格と一致している限り、即座に約定でき、ユーザーは不十分な市場深度によって引き起こされる取引リスクを考慮する必要がないことを意味します。

現在仮想通貨市場では、BitMexやOKExなどのほとんどの仮想通貨取引所が、マッチトレーディングモデルを採用しています。このモデルでは、ユーザーが行った注文の価格が板の価格と一致していても、十分なカウンターパーティと市場の深さがなければ、ユーザーの注文を執行することはできません。

短期的な上昇/下降トレンドで利益を上げたいユーザーがスピーディーな取引を想定している場合、マッチトレーディング式では市場の深さが不十分であると注文が執行できない、またはすべてのユーザーの注文を確実に執行することができないため、取引の機会損失につながるリスクがあります。しかし、ダイナミックトレーディングの場合はそのような問題はありません。

またSnapExでは、「スリッページがない」ことも強みとなります。
取引スリッページは、市場価格に対するユーザーの注文行動の影響を受け、実際の取引コストがユーザーの予想コストよりも高くなる原因となります。
SnapExでは、ユーザーの注文行動は市場価格に影響しません。ユーザーが行った注文の売買価格が市場のリアルタイム売買価格と一致している限り、注文はすぐに執行されるため、 スリッページ現象が起こりません。

SnapExの独自の利点を探る

SnapExのユニークな特徴は、証拠金を預託し、レバレッジをかけて取引を行う差金決済取引(CFD)モデルを採用している点です。
株式市場で始まったCFDモデルは創設以来、約30年の歴史の中で金融取引市場のテストに耐え、成熟した取引モデルとなりました。

以下では、CFDの取引モデルや発祥の歴史を簡単に紹介し、SnapEx以外にCFDモデルを採用している他プラットフォームとのサービス比較を紹介いたします

CFDモデルの概要

差金決済取引(CFD)とは、基本的には金融デリバティブ商品であり、通常、現物商品や証券の交換を伴わない取引方法を指します。発注価格と決済価格の差額のみを現金決済に使用します。

例を挙げます。
AはBTC価格が上がると考えていますが、Bは価格が下がると考えているため、AとBは交渉します。BTCの価格が上がると、BはAに価格差を与えます。下がった場合、Aは下落した後に価格差を払います。このプロセスで、現物のBTCの売買は発生しません。

CFD発祥の歴史

CFD取引は1990年末ロンドンにて、小規模な取引業者が開始したことが始まりと言われています。多くの英国企業は、常に革新的なオンライン取引プラットフォームを通じてCFD取引を行っています。 2000年までに、小規模業者はレバレッジCFD取引を使用することの大きな利点を発見しました。ロンドン証券取引所でのCFD商品の急速な発展に加えて、CFD商品は債券、商品指数、為替レート、グローバル株式市場などのさまざまな分野で開発されました。

2009年、英国金融サービス庁(FSA)は、インサイダー取引を回避するためにCFD取引に関する基本情報を開示する必要があることを発表しました。 2013年、ロンドンクリアリングハウス、カンターフィッツジェラルド、コメルツバンク、IBGバンクは、CFD向けの集中型決済サービスを提供し始め、CFDの店頭契約が大幅に増加しました。

仮想通貨の主なCFD取引プラットフォームの比較

現在、仮想通貨市場には英国のFCA規制フレームワークを参照する3つのCFD取引プラットフォームがあります。eToro、Plus500、およびSnapExです。次の図は、CFDモデルを採用する3つの取引所におけるサービスの比較を示しています。





























 SnapEx eToroPlus500
取引タイプ ダイナミック ダイナミックダイナミック
通貨USDT 仮想通貨 仮想通貨
スプレッド 10 - 100x 2x20x
最低マージン 5USDT 1USDT1USDt
スリッページ なし ナチュラル/
人口スリッページ
ナチュラル/
人口スリッページ
ロスカット なし なしなし
KYC あり ありあり
カスタマーサポート ライブチャット /
Email /
Telegram
EmailEmail

eToroやPlus500と比較すると、SnapExの最大の利点の1つは、スリッページがないことです。

SnapExは、取引所による追加スプレッドを請求しません。売買価格は第三者の現物市場におけるデータから抽出するため、公平で透明性の高い価格表示となります。eToroおよびPlus500は、ユーザーの取引行動から利益を得るために、スプレッドを取引所がさらに上乗せします。

もう一つのSnapExの利点は、より高度で柔軟なレバレッジオプションをユーザーに提供していることです。10倍から最大100倍のレバレッジ設定が可能です。

SnapExの手数料にも大きな利点があります。
SnapExのプラットフォームスプレッド(取引所が上乗せするスプレッド)やスリッページがないなど、取引にかかるコストが最小限に抑えられます。SnapExの取引手数料は0.1%です。これは、ユーザーがポジションを建てたオープン時のみ請求され、ポジションを閉じる(決済する)ときに再度請求することはありません。
また、独自に発行するSnapポイントを使用して、取引手数料を控除することができます。

まとめ

仮想通貨市場でデリバティブ取引を提供する他の取引プラットフォームと比較すると、SnapExには多くの利点があります。

その最も大きな特徴は、取引プラットフォーム運営者がチャートの表示価格を改ざんするなどの不正な価格操作を効果的に回避できること、そして取引上発生しうるスリッページの現象を回避できることです。

また 同じくCFDモデルを採用する他の取引プラットフォームと比較したSnapExの利点は、プラットフォーム運営側が請求するスプレッド(手数料)がなく、取引コストが一般的に低く抑えられることです。また、より高度で柔軟な取引レバレッジオプションを設けており、収益性を高めたいというトレーダーのニーズにも対応できることです。

SnapEx では公式ページの他にTwitter、Telegramコミュニティ(日本語)もあります。

お問い合わせ

SnapExのサービスに関するよくある質問については、ヘルプセンターの記事(英語)をご確認ください。

  ヘルプセンター:https://support.snapex.com/hc/en-us 

また、本イベントに関するご質問はテレグラム公式チャンネル(日本語)または、担当者宛にメールにてお問い合わせください。

  SnapExテレグラム公式チャンネル:https://t.me/snapex_jp
  担当者窓口:Tomoyo.p@snapex.com (日本担当)


SnapEx公式ウェブサイト
https://www.snapex.com/ja-jp/ 
SnapEx公式チャンネル
https://t.me/snapex_jp (Telegram)
https://twitter.com/snapexjapan (Twitter)
https://www.facebook.com/snapexjapan/ (Facebook)
https://lin.ee/UiVbFDo (LINE公式チャンネル)
https://ameblo.jp/snapexjapan/ (Ameblo公式ブログ)

本記事はプレスリリースです。 本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!