COIN TOKYO

  • 2020/07/30
  • 2020/07/30
  • コイン東京編集部

Bybit(バイビット)がWSOT賞金からユニセフに約10万ドルのコロナ救援金を寄付することを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bybit(バイビット)がWSOT賞金からユニセフに約10万ドルのコロナ救援金を寄付することを発表

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)は、先日発表されたWorld Series of Trading(WSOT)の一環として、ユニセフに最大10BTCの寄付を行うことを発表しました。

WSOTでは、世界中からトレーダーが集まり、200BTCの賞金プールを目指して競い合います。WSOTイベントは7月20日に事前登録を開始し、すでに7,000人以上の参加者が登録しています。7月30日から正式登録が開始されました。

Bybitは、賞金総額の5%がユニセフに割り当てられ、世界的なパンデミックの影響を受けた脆弱な子供たちの回復を支援するユニセフの努力を支援します。この寄付は、ユニセフのニュージーランド支部とのパートナーシップにより実現されました。

ユニセフのウェブサイトでの公式発表によると、16億人の子どもたちを危険にさらしたパンデミックの危機によって残された深刻な資金繰りのギャップを埋めるために、バイビットの寄付が役立てられているとのことです。

BybitのCEO、Ben Zhouは次のように述べています。
「COVID-19パンデミックが世界中に長い影を落とし続け、その二次的な影響は、世界の未来を担う脆弱な子供たちにも及んでいます。彼らの状況は、学校閉鎖、不充分なケア、食糧、衛生設備の供給、医療資源の不足によって悪化しています。Bybitでは、私たちの未来を守るための継続的な取り組みを支援することが、私たちの責務であると強く感じています」

そして、
「トレーダーのグローバルコミュニティと共に、仮想通貨業界で積極的な行動をリードし、私たち自身の故郷であるこの地球に恩返しをしたいと考えています。このことを念頭に置き、WSOTの最終賞金総額の 5%をユニセフに寄付し、子どもたちの命を救い、権利を守り、子どもたちがその可能性を発揮できるようにするための活動を支援したいと考えています」

ユニセフ・ニュージーランド事務局長のヴィヴィアン・メイダボーンは、「バイビットと提携し、COVID-19の影響を大きく受けた子どもたちの生活をより良いものにするために貴重な機会を得ました。この前例のない世界的な緊急事態において、ビットコインの寄付をしてくれたBybitとトレーダーに感謝しています」

■World Series of Trading(WSOT)とは
WSOTのイベントは Bybit Gamesの一部で、昨年は 7,000人以上のトレーダーが 「BTC Brawl」と呼ばれる大会で戦いました。WSOTでは、仮想通貨のインフルエンサーや伝説的なポーカープレイヤーと競い合い、最高200BTCの賞金プールを目指して戦うトレーダーをさらに盛り上げることを目指しています。参加者は、取引手数料が20%割引され、USDTボーナスで最大9,400ドルを獲得する機会を得ることができます。

詳しくはbybit公式ページをご覧ください。

Bybitは現在、メインイベントに参加するトレーダーを募集しています。登録は7月30日から受け付けており、コンテストは8月10日に始まり、月末まで行われます。

本記事はプレスリリースです。 本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。

仮想通貨の最新情報をお届けします!