COIN TOKYO

  • 2020/07/30
  • 2020/07/30
  • コイン東京編集部

ビットコイン市場を支える新規投資家層。米国人が今年、仮想通貨投資を開始している動き

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン市場を支える新規投資家層。米国人が今年、仮想通貨投資を開始している動き  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京 
ビットコインは2月以来大きく変動しており、10,500ドルから3,860ドルに下落し、現在までに 11,000ドルを超えて回復している。トレーダーは2021年までに過去最高値に到達するとみている。



仮想通貨取引所 SBIVC

米国人が今年、仮想通貨投資を開始している動き

ポッドキャストLedger Statusを運営するトレーダーのBrian Krogsgard氏によると、重要な10,200ドルの水準をブレイクしたことで、ショートの買戻しが引き起こされて11,400ドルに達した。彼は「金が史上最高に近づき、株価がさらに高騰しているため、市場はインフレとドル安を予想している。ビットコインは2021年に過去最高値(2万ドル)に挑戦すると期待している」と述べた。

引用:Coinmetrics
引用:Coinmetrics

仮想通貨市場の取引量は今年2月以降月間1兆ドルを越えており、現在の成長ペースを維持すれば、米国株式市場の出来高を4年以内に上回るとも試算されている。この成長を後押しする要因の一つに米国投資家の資金の新規流入があるようだ。

Cornerstone Advisorsの調査によると、現在アメリカの成人の15%がいずれかの仮想通貨を所有しているとされ、そのうち半数以上は2020年1~6月に初めて仮想通貨に投資したと見られている。これらの新規投資家は1人あたり約4,000ドルを費やし、合計約675億ドルの仮想通貨を取得している。彼らのうち21%がバンクオブアメリカを利用しており、その47%は3月のビットコイン暴落時にエントリーしたという。

Brave New Coinのアナリスト、Josh Olszewicz氏は、EUのコロナ復興基金や分散型ファイナンス(DeFi)の誇大宣伝などが、市場を勢いづけていると指摘した。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】




仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る