COIN TOKYO

  • 2020/08/03
  • 2020/08/03
  • コイン東京編集部

NEM HUBグローバルローンチ|ソフトローンチから1カ月で大きな反響!

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEM HUBのソフトローンチを2020/6/12に行い、7/15にグローバルローンチを行いました。その結果、ユーザーの数やエンゲージメントなどNEM/Symbolコミュニティに大きな寄与があり、今後のさらなる発展に注目が集まります。

NEM HUBグローバルローンチ

6月12日にあったNEM HUBのソフトローンチ後、NEMのソーシャルメディアのインプレッション数は10倍となり、コミュニティの活性化に勢いが出ました。

2020年末に予定されるSymbolへの移行をさらにスムーズにするげく、7月15日にはNEM HUBをさらに新しい国に拡大していき、さらなるグローバルでの認知向上を目指します。

今回のグローバルローンチでは、ブラジル、スペイン、フィリピン、トルコ、インドネシアでのインフルエンサー等を活用したPRキャンペーンが行われます。

NEM HUBコミュニティでのタスク事例【ロゴデザイン】

NEMコミュニティのユーザーからの提案・投票を経て、NEM HUB Japanでは上記のデザインが公式ロゴとして利用されるようになります。

このようにNEM HUBではNEMコミュニティへの貢献を一人一人のユーザーができるようになっており、
それら貢献した人には、XEMでのリワードも行われます。

NEM HUBグローバルローンチ後の反応

NEM HUBグローバルローンチが行われた後のユーザーの増加率、XEMステーキングの成長率や、ソーシャルでのインプレッションなど様々な数字で大きく成長したことが以下の表でわかります。

この時期仮想通貨という分野への注目が集まったこともありますが、NEMというコミュニティへの世界的な注目が集まっていることが大きな要因と考えられます。

今後Symbolへの統合を控え、仮想通貨界で注目を集めるNEMが、世界の様々なコミュニティが牽引し、様々な分野で活躍されることに期待が持たれます。

仮想通貨の最新情報をお届けします!