COIN TOKYO

  • 2020/09/19
  • 2020/09/19
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は上昇チャートから、一時持ち合いの値動きに?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【9/19】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は9月9日から下値、上値共に切り上げる展開が続いており、上昇チャネルに沿った値動きとなっていました。しかし9月17日の上値形成以降は持ち合いの値動きとなっているビットコイン(BTC)。今後はどのような値動きを見せることになるのでしょうか?チャートを分析していきます。

ビットコイン(BTC)の上昇はまだ続く?

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。9月9日以降上昇チャネルに沿った値動きを続けてきたビットコイン(BTC)。しかし上昇は9月17日に上ヒゲを伴うローソク足を連ねた形で上値更新を止めています。

引き続き下値は切りあがる形ともなっているビットコイン(BTC)は超短期的には持ち合いのパターンが形成されており、その収束点は明日9月20日ということになるでしょう。

既に75日移動平均線を超えているビットコイン(BTC)は強気相場が意識される展開であり、持ち合いのパターンは上放れの可能性が高い状況となっています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

現在の超短期持ち合いパターンは上放れする可能性が比較的高いものの、次に意識される価格帯、118万円台では上値が重い展開が予測されます。

ビットコイン(BTC)相場にとって、118万円台とは8月ちゅうじゅんから9月頭までのサポートラインとして展開されていた価格帯であると同時に9月上旬からの下降チャートに対するフィボナッチラインとも一致しています。

複数の意味で転換線の要素を含みやすい118万円台では一時的な反落も予測されるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

ビットコイン(BTC)が、今後更に上値を伸ばし、仮に118万円台を明確に上に抜けた場合、ビットコイン(BTC)は大きく強気相場目線へ転じることになります。

ダウ理論からも前回の安値を更新する形にもなるため、長期的な下降トレンドを否定することにもなるでしょう。

仮に118万円台で反落の値動きを見せる場合、20日移動平均線や75日移動平均線、更に9月9日以降から形成されている上昇チャネルなども意識して下値を判断していく必要があるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

ビットコイン(BTC)チャートで今後注目したい価格帯として、超短期持ち合いパターンの収束点である114万円台から上下どちらへ乖離していくのか注目していきましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




4月30日 11:38

仮想通貨の最新情報をお届けします!