COIN TOKYO

  • 2020/09/27
  • 2020/09/27
  • コイン東京編集部

ビットコインに強気の傾向、コロナ後に「取引所保有量の減少・クジラの蓄積」が加速―Delphi Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインに強気の傾向、コロナ後に「取引所保有量の減少・クジラの蓄積」が加速―Delphi Digital +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
調査会社Delphi Digitalによると、暗号資産取引所に預けられているビットコイン(BTC)は減少し続けている一方で、クジラの蓄積が続いている。Delphi DigitalはこれがBTCの価格にとって強気と結論付けている。



仮想通貨取引所 SBIVC

取引所保有量の減少・クジラの蓄積

BTC価格と取引所保有量
BTC価格と取引所保有量

レポートによると、取引所に保管されているビットコインは2020年2月中旬に過去最高の296万BTCを記録した。それ以来、トレンドは反転し、260万BTC以下に低下している。

Delphi Digitalによれば、取引所のBTC保有量の減少の要因として、投資家が長期保有期間の準備をしている可能性が高い。また、投資家の保有期間が以前と比べてはるかに長くなっていることもわかっている。

"取引所のBTCストックと一致した2019年の価格上昇トレンドとは異なり、今回のトレンドではBTCストックと価格の乖離が見られた。データは、より長い時間軸のホルダーベースを示しているため、BTCがより持続的に上昇することを示唆している"。

BTCクジラの蓄積
BTCクジラの蓄積

レポートによると、ビットコインのクジラ(1,000~10,000BTCを保有する)アドレスが蓄積し続けている。該当アドレスの保有量は年初来9%増加している。さらに、コロナウィルスショック以来、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和政策が、クジラの蓄積を加速させていると加えた。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る