COIN TOKYO

  • 2020/09/29
  • 2020/09/29
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は9月24日以降の上昇の勢いが弱まりつつある展開に!今後は?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【9/29】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は9月23日に9月の最安値を更新する値動きを見せた後に強い反発の値動きを見せました。本日9月29日までに上昇の値動きは徐々に弱まる展開となっていますが、今後更に上昇する可能性は高いのでしょうか?イーサリアム(ETH)のチャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は下降チャネルを上回ることが出来るのか?

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。9月23日まで下降チャートを形成したイーサリアム(ETH)は9月24日より強い反発を見せ、上値を大きく伸ばしました。

本日9月29日までに上値を0.0336BTC台まで伸ばしたイーサリアム(ETH)。丁度20日移動平均線に接触したことで上昇を止めた形となっています。

また本日9月29日までに推移している価格帯は9月13日以降から形成されている下降チャネルの範囲内です。今後下降チャネルを上抜けして、新たな相場へ移行するのか。このまま下降チャネルに沿って再び反落を見せるのかが注目するポイントです。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。9月24日に大陽線を形成した対法定通貨チャートでのイーサリアム(ETH)は既に75日移動平均線を上回る値動きとなっています。

長期移動平均線上抜け後、20日移動平均線に接触したことにより一時長い上ヒゲを伴うローソク足を形成したイーサリアム(ETH)。今後は20日移動平均線に上昇を止められながらも、75日移動平均線がサポートラインとして機能する場合、まだまだ上昇への期待が高まる相場と言えるでしょう。

また現在のイーサリアム(ETH)の上値は移動平均線の他に一目均衡表雲も推移しているため、上値は重く、どこまでサポートラインが機能するのかが焦点となります。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

現在下降チャネルの範囲内で推移しているイーサリアム(ETH)。直近の値動きでは上昇の値動きが無い場合も、現在の価格帯での推移が続くことで相対的に下降チャネルを上抜けする形となります。

まずは本日9月29日から明日9月30日までの値動きで一段と下値を落とさないか注目です。仮に下値をトス展開となる場合、75日移動平均線を再び下回る可能性もあるため注意が必要です。

現在の価格帯が引き続き続く、もしくは上昇の値動きを見せる場合は、下降チャネルを脱することになります。その場合、20日移動平均線を超え、強気相場目線が強まるのか注目しましょう。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートで今後注目したい価格帯として、上値は0.0336BTC台。下値は0.0362BTC台ブレイクで相場に動きが出るため注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る