COIN TOKYO

  • 2020/10/15
  • 2020/10/15
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は最安値からの上昇トレンドラインから下割れの値動き!リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【10/15】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は10月6日から短期下降チャートを形成していたリップル(XRP)は、10月14日に7月からの上昇トレンドラインを遂に下回る値動きとなりました。2018年からの最安値から引かれたラインを下回ることになったリップル(XRP)は今後どのような値動きとなるのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は上昇トレンドラインを下回り直近安値へ接触

リップル(XRP)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。10月6日から短期下降チャートを形成してきたリップル(XRP)は、長期的には7月1日から形成されていた上昇トレンドラインに沿った値動きを続けていたものの、10月14日には短期下降チャートの延長戦でそのままトレンドラインを下回る形となっています。

本日10月15日までに次なる直近安値である0.0000215BTC台まで下落しているリップル(XRP)。本日10月15日の直近ローソク足にはわずかに下ヒゲが伴っているものの、まだまだ反発の値動きとしては小さい印象があります。

既に長期トレンドラインの下割れや、移動平均線を大きく下回っているは依然弱気相場目線であり、下値は既に0.0000197BTC台まで意識できる相場です。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD日足

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは10月4日から短期上昇チャートを形成したものの、9月5日以降から形成されてきたレジスタンスラインに接触したことにより上昇の値動きを止めていました。

しばらくレジスタンスライン上で張り付いた値動きを展開していたリップル(XRP)でしたが、本日10月15日には再び値動きのベクトルを下方へ切り上げ、20日移動平均線・75日移動平均線が推移する価格帯まで下値を落としています。

また現在推移している価格帯は10月4日から形成された短期上昇トレンドラインが推移している価格帯でもあり、現在の価格から更に下値を落とす形となる場合、10月4日以前の下値まで落とす可能性も高まります。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

本日10月15日までに9月14日の下値まで下落しているリップル(XRP)。ローソク足の下ヒゲは未だ不十分であるため、更に下落が続く可能性は十分に考えられるでしょう。

仮に現在の価格帯から更に下値を落とす展開となる場合、リップル(XRP)は7月28日以降の急上昇チャートを形成する以前の下値である0.0000197BTC台まで意識されることになり、大台である0.00002BTC台さえも下回る可能性があるため注意しましょう。

また現在の価格帯から反発の値動きが見られた場合、0.0000219BTC台を明確に上回ることが出来れば再び上昇への期待が高まることになります。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートにて今後注目したい価格帯として、まずは現在推移している0.0000215BTC台がサポートラインとなるのか注目です。

下回る場合、0.00002BTC台を割る可能性も大きく高まるため注意しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る