COIN TOKYO

  • 2020/10/29
  • 2020/10/29
  • コイン東京編集部

リップル急騰前夜か?12月相場向けて動き出した超出遅れコインXRP

このエントリーをはてなブックマークに追加
米大統領選挙を直前に控え、風雲急を告げる株式市場!投資の世界が大きく動き出しそうとしています。そんな中、俄然注目を集めるようになった仮想通貨市場、先行するビットコインを追って時価総額第3位のリップルはどう動くのか?待ちに待ったリップル上昇トレンドはやって来るのか、その可能性を徹底調査してみました。

9月24日リップルが目先の安値を付けた可能性

俄然注目を集めだしている仮想通貨市場、ビットコインレジスタンスライン132万円を突破し久々の140万円台に入ろうとしています。

また、イーサリアムに至ってはビットコインよりも高い上昇率を見せ5万円台まで上昇しました。

そんな中、仮想通貨時価総額ランキングで長年3位を死守するリップルは上位2銘柄と比較すると大きく出遅れています。

その大きな理由と考えられるのが、2018年12月に大底をつけたビットコイン、イーサリアムに対して、リップルは2018年12月の安値を次々と更新しており、コロナショック後にもさらに安値を更新していることが指摘されています。

コロナショックによる暴落で13円割れまで売られたリップルは、その後に反発し8月には34円台半ばまで上昇し、9月24日に23円まで反落するものの、そこからじわじわと価格を上げてきています。

リップルのチャートからは、コロナショック後の暴落で大底をつけた可能性が出てきており、さらに9月24日に目先の安値である押し目 をつけた可能性が出ています。

リップルの日足チャート分析

リップルは8月34円台から9月に23円台まで反落しています。

ここにフィボナッチリトレースメントを引いてみると、直近では38.2%ラインがレジスタンスラインとなっているように見えます。

さらに注意深く見てみると、9月24日を目先の底値とした逆三尊を構成しているようにも見えてきます。

つまり、26円10~20銭のところを明確に上抜いてくるようだと、ここから急騰する可能性がありそうです。

コロナショック後の3月13日に付けた12円90銭台が大底と仮定するならば、その可能性はますます高いということになります。

リップルの週足チャート分析

リップルの週足チャートです。

リップル週足チャートに25週移動平均線(SMA)を載せていますが、この25週移動平均線は非常に機能しているのは見ての通りです。

これまでのリップル相場ではこの25週移動平均線がレジスタンスライン、またはサポートラインとして機能してきましたが、全体的には弱い相場の多いリップルでは、この25週移動平均線を超えている期間はいずれも短期間であり、上昇してもすぐに25週移動平均線を割り込むという傾向がありました。

ところが、今回の相場では2018年の暴落以降では最も長く25週移動平均線を上回っています。

さらに注目したいのが目先の安値となった可能性の高い9月24日(黄色い矢印)で、この日は急落から25週移動平均線のところまで下落することになりますが、このポイントから急反発しています。

10月27日時点でも、25週移動平均線はサポートラインとして機能しているところから、9月24日の23円台を明確に下回り、サポートラインを下抜けるような展開にならない限りは、リップルは上を目指していると考えられそうです。

急騰するタイミングはどこ?

3月13日に12円台で底打ちし、9月24日の23円台が目先の安値であると仮定すると、リップルは日足チャートにみられる逆三尊の形から急騰する可能性があります。

前述のフィボナッチリトレースメント38.2%ラインである26円台前半を大きく上抜いてくると、リップルが大きく出遅れているといわれる理由である、コロナショック直前の高値である37円92銭を目指すものと考えられます。

コロナショック直前の高値と、コロナショック後の高値を分かりやすく比較しておきます。

ビットコイン・・・115万円台(2002年2月13日)➤139万円台(2020年10月25日)
イーサリアム・・・31684円(2020年2月15日)➤51769円(2020年9月1日)
リップル  ・・・37円92銭(2020年2月15日)➤34円447銭(2020年8月17日)


リップルがいかに出遅れているかが分かります。

もちろん、仮想通貨の中にはリップル同様に出遅れ感の強いものが多くありますが、少なくとも時価総額1兆円を超えるような市場規模でここまで出遅れているのはリップルくらいと考えてよさそうです。

つまり、26円台に大きなポイントがあるということになりますが、リップルにはその上にもう一つの重要なポイントが存在しています。  

リップルがコロナショック前の高値を更新するのはいつ

仮想通貨相場の中では、すでにビットコインやイーサリアムがコロナウィルス前の高値を上抜いて急騰しています。

仮想通貨以外でも、金相場、銀相場、Nasdaq指数、日本ではマザーズ指数などがコロナショック直前の高値を更新し上昇トレンドを発生させています。

時価総額1兆円を超えるリップルも、この仲間入りする可能性は十分持っていると思うのですが、仮にコロナショック直前の2月15日の37円台を上抜くとすると、どのタイミングで抜いていくことになるのでしょうか?

週足チャートが面白いタイミングを指摘しています。

リップルの週足チャートに気になる3つのポイントが示現しています。

1.まずは日足チャート同様にチャート、現在、逆三尊の形が構成されているように見えています。10月27日の時点では、34円50銭あたりを上抜いてくると、逆三尊からの上昇トレンド開始というところでしょうか?

2.次に、2019年9月高値の75円台からコロナショック後の戻り8月高値34円447銭に引いた下落してくるトレンドラインがあります。

このトレンドラインは、リップルが上昇していくためには何としても上抜く必要のあるレジスタンスラインとなる可能性があり、実線(実際の価格)がこのラインに接触するタイミングが注目されます。

3.3つ目は2019年6月高値とコロナショック後の安値12円台(3月13日)に引いたフィボナッチリトレースメントです。

このフィボナッチリトレースメントは非常に有効に機能しており、逆三尊の部分も注意深く見るとフィボナッチリトレースメント50%の水準で抑えられているのが見て取れます。

週足チャートを見ると、この3つのポイントが交わるタイミングがあります。

赤い矢印 のところですが、このポイントはリップルの年末相場において大変重要なポイントとなりそうです。

タイミング的には、11月30日から12月1日 あたりとなっており、この時点でリップルの価格がこの価格帯を上回っているようなことになると、待望の12月相場がやって来る可能性は高くなります。

1週間後に迫った米大統領選挙は大き過ぎるイベント

さて、例年ですと、このままリップルがサポートラインに守られながら上昇トレンドを待つというイメージがしやすいのですが、今年の場合は大きく異なります。

今週末に実施される米国の大統領選挙は、金融市場にとって大きすぎるイベントとなる可能性が高く、選挙前あるいは選挙後に相場が大きく動く可能性を考えておかねばなりません。

米国のメディアや日本のメディア、とりわけテレビや新聞報道では「バイデン圧勝」という流れになっていますが、金融市場を見ていると必ずしもそうとは思えないふしもあります。

どちらが勝っても米国の金融政策は大きく変わらないという見方もありますが、それにしても恐怖指数(VIX指数)は上昇しており、10月26日のニューヨークダウは一時1000ドル安まで暴落しています。

つまり、大統領選挙が実施される11月3日前後は要注意日ということになりますし、結果判明が伸びる場合にはさらにVIX指数は上昇するかもしれません。

リップルが12月相場を迎える前の大きすぎる関門 ということになりそうです。

仮想通貨の最新情報をお届けします!