COIN TOKYO

  • 2020/10/28
  • 2020/10/28
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は2018年以降の最安値を遂に更新!今後どこまで下落するのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【10/28】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
対BTCチャートでのリップル(XRP)は遂に2018年からの長期的な最安値を更新する値動きとなりました。本日10月28日も依然下値更新を続けており、且つ強い反発の兆しが見られていないリップル(XRP)。今後どこまで下落する値動きとなるのでしょうか?

リップル(XRP)は下値更新中!今後意識されるラインは?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。本日10月28日までに遂に2018年以降の最安値である0.000019BTC台を下回る値動きとなったリップル(XRP)。

下値更新の値動きを続けているリップル(XRP)は依然反発の兆しも確認されておらず、下落の値動きを続けています。本日10月28日の下値は0.0000182BTC台まで更新を続けている段階です。

長期的な弱気相場目線が継続しているリップル(XRP)は今後更に下値を更新する可能性が高く、不安感は高まる状況にあります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD日足

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対BTCチャートでは明確な弱気相場目線が継続し、長期的な最安値を更新する値動きとなっているリップル(XRP)。

しかし対法定通貨チャートでは、9月上旬よりレンジ相場が形成されています。

リップル(XRP)のレンジ相場は、10月2日より下値を切り上げる形で上昇トレンドラインを形成しています。9月5日からのレジスタンスラインと、10月2日からの上昇トレンドラインにより上昇型のトライアングルパターンを形成しているリップル(XRP)は近々大きな値動きを見せる可能性が控えています。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでは最安値を更新する形となり、次に意識される価格帯がわかりにくい状況にはあります。

チャート内にて一つ意識されるのは日足チャートMACD線の安値ということになり、2020年5月中旬に推移したMACD線下値まで下落すると反発の兆しを見せる可能性があります。

しかしリップル(XRP)チャートにおいて、もう一つ注目したいタイミングあります。それが来週に控えたアメリカ大統領選挙ということになるでしょう。

大統領選挙では為替相場のボラティリティが非常に高く、同様に暗号通貨市場でも激しい値動きを見せる可能性は十分に考えられます。特に対法定通貨チャートではトライアングルパターンを形成しているリップル(XRP)は、早くも次なる展開を迎える可能性が控えられています。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートで今後注目したいタイミングは、まさに来週に控えられているアメリカ大統領選挙となります。また日足チャートでのMACD線下値にも意識するようにしましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!