COIN TOKYO

  • 2020/10/28
  • 2020/10/28
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は下値を更新する値動きに!今後の展開は?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【10/28】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は本日10月28日までに徐々に下値を更新する値動きを展開しています。9月の上値が天井となる上昇チャートを一段落させたイーサリアム(ETH)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は上値・下値共に切り下げる展開に!

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。10月21日に一度直近安値を下回る値動きを見せたものの、その後強い反発により一度価格を戻す展開となりました。

しかしイーサリアム(ETH)の反発は一時的なものであり、その後徐々に上値を切り下げ、本日10月28日までに下値を更新する値動きを見せています。

9月上旬まで長期的な上昇チャートを形成していたイーサリアム(ETH)ですが、現在の状況は移動平均線でのパーフェクトオーダー完成などから明確な弱気相場目線へと切り替わりました。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは、9月23日近辺以降徐々に下値・上値共に切り上げる展開となっており、対BTCチャートと比較して強気相場目線が展開されています。

イーサリアム(ETH)の上昇は本日10月28日までに9月上旬の下降チャートに対するフィボナッチライン上で止まり、一度反落の値動きを見せているものの、20日移動平均線に下ヒゲを残し、その後陽線を出現させています。

中期移動平均線がサポートラインとして機能している可能性があるイーサリアム(ETH)は軽い反落の値動きが見られたものの、相場観としては強気相場目線が継続されることになります。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対法定通貨チャートでは強気相場目線の展開となっているものの、対BTCチャートでは弱気相場目線となっているイーサリアム(ETH)。

その理由の大きな一つとしては、現在暗号通貨ビットコイン(BTC)の価格が急騰している相場だということが挙げられるでしょう。資金が暗号通貨資産上ではビットコイン(BTC)へ資金流入している状況。

来週にはアメリカの大統領選挙も控えており、為替相場も含めて相場は警戒ムードが続いています。警戒が強まっている相場にて暗号通貨自体がリスクヘッジとして資金流入している可能性が十分に考えられます。

すなわち大統領選挙という相場に不安感を出している要素が解消された際にリスクヘッジの動きの場合、ビットコイン(BTC)は一度強い下落を見せる可能性があり、同時にアルトコインへ資金が再び戻る可能性は考えられるでしょう。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

現在の相場としては、やはり大統領選挙のタイミングが一つの相場展開が変わる要因と考えられます。

イーサリアム(ETH)チャートから分析すると直近安値である0.0282BTC台近辺では一度反発の値動きが見られる可能性が高いでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!