COIN TOKYO

  • 2020/11/08
  • 2020/11/08
  • コイン東京編集部

ウォール街の取引会社が6つの暗号資産で7500万ドルのポートフォリオを構築

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォール街の取引会社が6つの暗号資産で7500万ドルのポートフォリオを構築+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
クリプト・データ企業Messariのリサーチャーであるメイソン・ニストロム氏は、世界中に700人の従業員を擁するアルゴリズム取引と高頻度取引会社のJump Tradingが、イーサリアムベースのトークンを蓄積していることを明らかにした。



仮想通貨取引所 コインチェック

6つの暗号資産で7500万ドルのポートフォリオ

Jump Tradingは、少なくとも7500万ドルのERC20トークンを保有しているとされる。分散型貸付プロトコルCOMP(Compound)トークンの保有者としてはa16z、Polychainに次ぐ8番目の規模だ。同社は過去7日間で47,000枚のCOMPトークンを購入したとされている。Jump TradingのERCポートフォリオはまた、KEEP、HXRO、NMR、OXT、MKRを保有している。

Jump Tradingはこれらの他にも、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨、及び、取引所トークンであるBinance Coin (BNB)やHuobi Token (HT)を保有している。こうしたデータは、イーサリアム・ブロックチェーンを追跡し、アドレス所有者をラベル付けする分析プラットフォームNansenを使用して作成されている。Jump Tradingは以前、Almeda ResearchとFTX が主導する分散型取引所Serumに未公開金額を投資しており、4000万枚のSRM(約3200万ドル相当)を保有している。

Messariはこうしたデータをいくつかまとめており、シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルのアンドレセン・ホロウィッツ(a16z)は、ビットコイン、イーサリアム、FIL、MKR、COMP、CELO、OXT、AR、KEEP、HNSを所有していることを示している。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!