COIN TOKYO

  • 2020/11/25
  • 2020/11/25
  • コイン東京編集部

【公式発表】バイナンス、リップル(XRP)ホルダー向けSPARKトークン配布に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
【公式発表】バイナンス、リップル(XRP)ホルダー向けSPARKトークン配布に対応 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
仮想通貨取引所バイナンスは、リップル(XRP)ホルダー向けのSPARKトークンのエアドロッププログラムをサポートすることを発表した。エアドロップの数量を定める残高記録(スナップショット)は、2020/12/12 00:00 AM(UTC)に実施される。



仮想通貨取引所 コインチェック

バイナンス、リップル(XRP)ホルダー向けSPARKトークン配布に対応

SPARKの上場について、厳格な上場審査を行った上で判断することになるとバイナンスは加えた。「エアドロップのサポートは、SPARKのリストを保証するものではありません。基本的なスタンスは、上場しない」。

SPARKトークンとは米リップル社の投資部門Xpringが出資しているFlare Networksのネイティブトークンだ。XRP保有残高のスナップショットに基づいて1:1の割合でSPARKトークンが配布される。

Flare Networksは、「FXRPの発行、使用、作成」を可能にするレイヤ2ソリューションである。同社CEOであるHugo Philion氏によると、Sparkトークンは「FXRP」発行の担保となる他、ガバナンストークンの機能も担う。FXRPとはXRPの価値にペッグされた相互運用トークンであり、イーサリアム上のスマートコントラクトで利用可能となる、つまりdAppsやDeFi上での採用が想定されている。

DeFiプロトコルのFlare Financeは、6種類のDeFiプロダクトを市場に投入することを発表している。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る