COIN TOKYO

  • 2020/12/04
  • 2020/12/04
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)の値幅は収束しつつある!今後上昇するタイミングは?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【12/4】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は11月下旬より暴騰の値動きを見せており、その後非常に強い反落の値動きも見られてはいるものの、未だ長期的には強気相場目線が継続しています。値幅が収束される中、今後再び大きな上昇が見られやすいタイミングはいつなのでしょうか?チャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は反落後、短期下降トレンドラインを突破

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。11月20日、21日より非常に強い上昇の値動きを起こしたイーサリアム(ETH)は、11月末までに高値を0.0337BTC台まで伸ばしました。

しかしその後は非常に強い反落を起こし、その下落は上昇分の約6割を一度戻した形となっています。

反落後のイーサリアム(ETH)は、再び上昇への値動きを立てなおし、12月に入り高値を0.0323BTC台まで再び伸ばしています。

本日12月4日までに11月24日以降の短期下降トレンドラインを相対的に上回ろうとしているイーサリアム(ETH)は、短期的にも再び上昇の値動きが見られやすい相場となっています。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも11月20日より急上昇の値動きを見せたイーサリアム(ETH)。その後対BTCチャートと同様に非常に大きな反落の値動きも起きましたが、11月28日からの二度目の上昇チャートでは高値を更新する値動きとなりました。

今後の値動きとしてはテクニカル指標上では移動平均線、一目均衡表など多くの観点で強気相場目線が継続となる相場にはなっているものの、未だ2度目の上昇チャートに伴うMACD線の上昇が不十分となっていることが不安要素です。

イーサリアム(ETH)が今後再び大きな反落を起こす場合、MACDではダイバージェンスが発生し、11月末からの上昇チャートが一段落する可能性が上がります。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対法定通貨チャートでは短期下降トレンドラインを上回ることで今後再び上昇の値動きにも期待できる相場です。また現在の相場を移動平均線の観点で確認した場合、現在推移しているローソク足は短期・中期・長期全てを上回っているため強気相場であることが示唆されます。

その中で現在の価格帯で今後も推移する場合、20日移動平均線は長期移動平均線である75日移動平均線をゴールデンクロスする可能性が高まっており、イーサリアムの買い増しが行われやすいタイミングが確認出来ます。

今後は特に移動平均線の関係性に注目し、上昇しやすいタイミングを確認していきましょう。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートで今後注目したい価格帯として、短期下降トレンドラインを上回ったこともあり、0.0321BTC台の突破による更なる上値更新にも期待できる相場です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!