COIN TOKYO

  • 2020/12/08
  • 2020/12/08
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は引き続き揉み合いの値動き!値幅は再び収束へ!リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【12/8】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は12月4日に短期トライアングルパターンから一度下値を落とす値動きを加速させました。下落後は中期移動平均線に支えられる形で再び上昇の値動きへ戻しているものの、上昇は限定的であり、依然揉み合いの値動きが継続している状況です。今後どのような展開となるのでしょうか?

リップル(XRP)は移動平均線に支えられる展開を続けるのか?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC4時間足

XRP/BTCの4時間足チャートを分析していきます。11月後半に暴騰の値動きを起こし、上値を0.0000425BTC台まで更新させた後に揉み合いの値動きへ移行したリップル(XRP)。

12月4日には短期トライアングルパターンから下放れの値動きを起こす展開となり、20日移動平均線に接触したことにより再び上昇への値動きへ戻る形となりました。

しかしその後の上昇は限定的であり、本日12月8日までレンジ相場を継続させています。更に12月24日からの下降トレンドラインを上回る展開とはなっているものの、大きな上昇も出来高の反応も見られていません。

しかし確実に値幅は収束されていることもあり、現在大きな値動きが見られやすい相場にはなっているようです。その中で、下値は引き続き20日移動平均線に支えられ続けるのか注目です。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD4時間足

(TraidingViewのXRP/USD 4時間足チャート)

XRP/USDの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも11月後半の暴騰の値動き以降レンジ相場を形成しているリップル(XRP)。

本日12月8日まで11月25日から形成される下降トレンドラインと11月27日から形成される上昇トレンドラインによる対照型のトライアングルパターンが形成中です。

収束点は12月10日前後となっており、リップル(XRP)相場は既に大きな値動きが一度見られやすい相場へと移行しています。特に本日12月8日の場合、11月25日から形成される下降トレンドラインに接触する値動きも確認されているため、出来高の反応などに、より注目する必要があるでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでは既に11月24日からの下降トレンドラインを上回っているものの、値幅は収束する値動きが続いていることもあり、引き続き大きな値動きに注目しましょう。

目線を変え、11月25日からの下降トレンドラインを引いた場合、現在推移しているリップル(XRP)は、対法定通貨チャートと同様にトライアングルパターン内での推移が継続しているとも捉えられる状況です。

どちらにせよ、本日12月8日から12月10日近辺までは大きな値動きが起きないか注目です。また仮に下方へ放たれた場合も0.000028BTC台近辺でサポートされる展開となる場合、長期的には強気相場目線が継続ということになります。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートで今後注目したい価格帯として、上値は0.0000331BTC台近辺からの上抜け、下値は0.0000292BTC台近辺の下抜けで大きな値動きが見られる可能性があります。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る