COIN TOKYO

  • 2020/12/10
  • 2020/12/10
  • コイン東京編集部

暗号資産取引所FXcoinがリップル(XRP)ベースの通貨ペア(BTC/XRP、LTC/XRP、BCH/XRP)をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
暗号資産取引所FXcoinがリップル(XRP)ベースの通貨ペア(BTC/XRP、LTC/XRP、BCH/XRP)をスタート +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
暗号資産取引所FXcoinは12月9日、国内の取引所として初めてリップル(XRP)ベースの取引ペア(BTC/XRP、LTC/XRP、BCH/XRP)の取扱いを開始した。他のペア(BTC/JPY、XRP/JPY、LTC/JPY、BCH/JPY)と合わせて、合計7種類の通貨ペアによる取引が可能になっている。



仮想通貨取引所 コインチェック

FXcoinがXRPベースの通貨ペアを開設

通常、暗号資産間の取引はビットコイン(BTC)をベースに取引するのが一般的だ。FXcoinは、XRPベースの通貨ペアを設置する理由について、「決済時間が速く、手数料が圧倒的に安いXRPを利用し、...決済するほうが便利で合理的」と述べた。XRPベース取引開始により、暗号資産間の取引をよりスムーズに低コストで行うことが可能となり、サービス向上にもつながると期待を寄せている。

FXcoinは決済面で優れているXRPの可能性に注目しており、先日は国内初の企業間の債権債務をXRP(XRPの先日付取引を含む)を用いて決済する実証実験をSBIグループ、住友商事株式会社と実施した。

リップル(XRP)は時価総額2兆7000億円で市場3位の規模を誇り、過去30日間でその価値は128%上昇している。FXcoinにおいて、XRPの現物取引高は2020年8月から11月にかけて11倍に急拡大したという。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード