COIN TOKYO

  • 2020/12/12
  • 2020/12/12
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は短期的な方向感を判断する相場に!ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【12/12】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は11月に上値を大きく伸ばす展開となりましたが、12月に入り徐々に上値を切り下げる展開を形成しています。長期的にはまだ強気相場目線での値動きが継続していると判断も出来るビットコイン(BTC)ですが、短期的な相場観としては本日12月12日の値動きが方向感を判断する一つのタイミングとなっています。

ビットコイン(BTC)にとって20日移動平均線との関係性は?

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのBTC/JPY 4時間足チャート)

BTC/JPYの4時間足チャートを分析していきます。12月に入り8日にはそれまでの短期トライアングルパターンから下放れを起こしたビットコイン(BTC)。その後上値の切り下げを急激に強めました。

短期的な下降チャートは12月1日時点の下値を更に更新させ、183万円台でようやく反発の値動きへ切り替えています。

しかし反発後の上昇も限定的であり、12月11日には再び183万円台近辺まで下落。二度目の反発を起こしているビットコイン(BTC)は現在20日移動平均線が推移している価格帯で動いている状況となっています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

ビットコイン(BTC)チャートで注目したいポイントとして、現在20日移動平均線上で推移しているビットコイン(BTC)がこのまま上値を更に伸ばすことが出来るのかという点です。

12月8日のトライアングルパターン下放れをきっかけに短期下降チャートを形成したビットコイン(BTC)ですが、183万円台近辺を底値としてダブルボトムに近い形を形成しています。

またMACDではゴールデンクロスの出現も確認されており、このまま上値を伸ばせる期待も持てる相場となっているでしょう。

しかし現在推移している20日移動平均線から再び下落方向へ動き出す場合、12月以降のチャートでは引き続き上値を切り下げる展開にもなっており、更に下値更新する可能性が高まるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

12月8日から形成される短期下降トレンドラインを上方へ抜け、4時間足MACDでのゴールデンクロス。ローソク足の形ではダブルボトムの形成と、短期的な下降チャートが終了する可能性も考えられるビットコイン(BTC)。

これらのシグナルから、今後更に上値を伸ばすことが出来れば、短期的な相場観が再び強気相場を意識できる状況にもなりやすく、相場の方向感を判断することが出来るでしょう。

仮に現在の価格帯から再び下方へ動き出す場合、20日移動平均線がレジスタンスラインとして機能している可能性があり、下値は183万円台から更に下値更新する可能性が上がります。

すなわち短期的な方向感としては、引き続き下降チャートが継続する可能性が上がるということになります。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

ビットコイン(BTC)チャートで注目したい価格帯として、まずは現在推移している190万円台という節目から上下どちらへ乖離していくのか注目しましょう。

乖離方向がそのまま短期的な相場観の方向感ともなりやすいでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!