COIN TOKYO

  • 2020/12/13
  • 2020/12/13
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は大きな値動きまで残り僅かか?イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【12/13】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は11月後半から大きな上昇の値動きを見せたものの、12月に入ると上値を切り下げる展開が続いています。サポートラインこそ保たれているもののの、値幅徐々に収束を見せており、サポートラインブレイクを危惧するチャート形成となりつつあります。

イーサリアム(ETH)はボリンジャーバンド収束しながら下降型のトライアングルパターン!

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのETH/BTC 日足チャート)

ETH/BTCの日足チャートを分析していきます。11月後半から高値を更新する値動きを見せ、11月24日には0.0337BTC台まで伸ばしたイーサリアム(ETH)ですが、12月に入ると上値は徐々に切り下がる展開となっています。

下値こそ0.03BTC台近辺がサポートラインとして機能しており、持ち合いの値動きとなっていますが、チャート上の形は下降型のトライアングルパターンが形成されており、今後サポートライン割れの危険性も高まっています。

現在の持ち合いの値動きは日足でのボリンジャーバンドの収束も確認されており、12月15日近辺までには大きな値動きが見られる可能性が高まっています。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのETH/JPY 4時間足チャート)

ETH/JPYの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも同様に12月から上値を切り下げる展開が続いているイーサリアム(ETH)。

そんな中、12月9日以降のチャートでは下値更新の値動きを一時止めており、チャート上ではダブルボトムも意識されるチャート展開となっています。

また本日12月13日までに12月1日から形成される下降トレンドラインを一時上回る展開も見せようとしており、短期的にはこのまま上値を更に伸ばせるチャンスが訪れている相場となっています。

特に本日12月13日は上値更新の値動きが見られないか注目してみましょう。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでは日足レベルのボリンジャーバンドにて収束する値動きを見せながら、下降型のトライアングルパターンを形成しているイーサリアム(ETH)。

12月も中旬に差し掛かる今週のイーサリアム(ETH)の値動きは特に注目する必要があるでしょう。

下降型のトライアングルパターンということもあり、売り圧力優勢の可能性があるイーサリアム(ETH)ではあるものの、下値近辺には一目均衡表雲も推移しており、下値が固い状況も考えられます。基本的には放たれた側を持つといった取引が良いでしょう。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートで今後注目したい価格帯として、直近では0.03BTC台から上方下方どちらへ乖離するのかで相場の方向感を判断すると良いでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る