COIN TOKYO

  • 2020/12/18
  • 2020/12/18
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)はビットコイン(BTC)に次いで上昇の値動きを見せるのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【12/18】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
11月21日より暴騰の値動きを見せたリップル(XRP)はその後、徐々に下値を落とす展開が続いていました。12月16日には長期移動平均線を一時下回る展開にもなったリップル(XRP)は、今後ビットコイン(BTC)に次いで価格を上昇させることが出来るのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は短期的に上値を伸ばそうとする試みが確認されている

リップル(XRP)価格チャート:対BTC4時間足

(TraidingViewのXRP/BTC 4時間足チャート)

XRP/BTCの4時間足チャートを分析していきます。11月より暴騰の値動きを見せたリップル(XRP)は11月24日まで上値を伸ばしたものの、その後持ち合いの値動きを経由し、徐々に下値を切り下げる展開となっています。

12月16日には遂に長期移動平均線である75日移動平均線及び200日移動平均線を下回る値動きとなったリップル(XRP)は、一度強い反発を見せるものの、過去のサポートライン上で上値を抑えられ、過去のサポートラインがレジスタンスラインへロールリバーサルされた形となり、弱気相場への見方が強まる展開となっています。

しかし12月17日から18日までの短期的なチャートではこれまでに2度強い上昇の値動きを見せており、且つ強い下落が起きておらず、12月16日から切りあがる形となっています。

既に過去最高値を更新する結果を出しているビットコイン(BTC)に次いでリップル(XRP)も今後上昇するのでしょうか?アルトコインの特徴として、ビットコイン(BTC)の値動きから遅れて動き出すという展開がこれまでの複数回確認されています。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD4時間足

(TraidingViewのXRP/USD 4時間足チャート)

XRP/USDの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは12月16日より対BTCチャートよりも明確な上昇への兆しが確認されています。

12月16日に11月16日時点の下値へ接触したことをきっかけに強い上昇の値動きを起こしているリップル(XRP)は、既に12月12日の直近上値を超える展開となっており、ダウ理論から下降トレンドが一度終了した形となっています。

本日12月18日未明の直近上値更新時のローソク足は長い上ヒゲを伴っており、高い出来高も伴っているため、今後強い反落も考慮しなければなりませんが、このまま下値が20日移動平均線上で支えられる形となれば、リップル(XRP)は更に強気相場への見方が強まる形となるでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

リップル(XRP)チャートで今後注目したい価格帯として、上値は0.000028BTC台を超えることが出来るのかどうかで相場観が変化します。

0.000028BTC台は11月末から12月上旬にかけてのサポートラインであると同時に20日移動平均線も推移する価格帯のため、上値は重い展開となりつつも、仮に対法定通貨チャートに連れて上値更新の動きを伴う場合、相場感は大きく変化することになるでしょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る