COIN TOKYO

  • 2020/12/22
  • 2020/12/22
  • コイン東京編集部

ネムは今が狙い目か!超出遅れコインNEMの急騰相場接近中?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインがついに史上最高値を更新!世界的な金余り状況下、まだまだ仮想通貨相場への資金流入はやみそうにありません。次に狙われるのはどのアルトコイン?多くの投資家が気になるところですが、そんな中でメジャー通貨における超出遅れコインとしてネム(XEM)に関心が集まりそうです。さて、その理由とは?

ビットコイン史上最高値更新で注目集まるアルトコイン

世間を驚かせた2017年12月の仮想通貨大暴騰相場も今は昔で、その後の長期暴落相場では「バブルだ!」「マネーロンダリングの温床」「仮想通貨は詐欺だらけ?」と散々なけなされようでしたが、世間からはもはや2度とこないと思われていた仮想通貨の復活相場が実現しようとしています。

2020年、新型コロナウイルスの蔓延から未曽有の経済危機を迎えることになりますが、同時に、この年は皮肉なことこれまで大暴落していた仮想通貨が復活する年となりました。

2020年12月、ビットコインは超えることがないと思われていた最高値237万円を突破し、240万円台で推移しています。

今回の仮想通貨相場をけん引したのは間違いなくビットコインであり、その最大の理由はビットコインの時価総額です。

今回の買いの主役は、前回のようなマネーロンダリングを求めた人民元ではなく、リスクヘッジとして投資する機関投資家やヘッジファンドが中心であり、取引高が大きいということが重要な条件となります。

事実、ビットコインの次に上昇相場を見せたのはイーサリアムであり、その後はリップルが急騰することになります。

個人的には、史上最高値を更新したビットコインに対して、イーサリアムやリップルにはまだ大きな上昇余地が残されていると思っていますが、さらに面白そうなのが、その次に控える第3グループです。

今回の相場に乗るためには、一定の時価総額が条件となるでしょうが、ビットコイン、イーサリアム、リップルの次に大きな時価総額を誇る第3グループの中でも超出遅れているコインは特に有望と考えています。




次に狙われるアルトコインの条件を備えるネム(XEM)

現在、時価合総額ランキングで上位に位置するアルトコインは、草コインとは違い、信頼性や将来性があるから大きな時価総額を保っていると考えられます。

機関投資家やヘッジファンドが投資する条件として、上昇した後には売り逃げられるだけの取引高は絶対に必要条件となり、そのためには、草コインレベルの取引高や時価総額ではなく、一定水準以上の時価総額が必要となります。

2020年12月20日時点では、メジャー3通貨(BTC、ETH、XRP)を除いた約20コインが時価総額1000憶円を超えており、あくまで主観ですが、このレベルにあるコインは注目されることになると思われます。

何らかの材料を持っていれば、多少時価総額は少なくとも狙われる可能性はありますが、最低限悪材料がない限り、時価総額1000憶円を超えるようなコインであれば狙われやすいという考え方です。

時価総額ランキングで20位前後までに位置するアルトコインで、ビットコイン、イーサリアム、リップルに対して大きく出遅れているコインがあります。

それが今回ご紹介するネム(XEM)です。

ネムは、2020年12月20日時点では、仮想通貨時価総額ランキング14位に位置しており、時価総額は約2700億円前後というところです。

なぜネム(XEM)なのか?

他のアルトコインと比べると圧倒的に出遅れているからです。

テクニカル的には、超出遅れ、さらに大型アップデートの「Simbol」も控えており、買い材料には事欠かないというところです。

Simbolとは、ネムホルダーにはお馴染みの「カタパルト」のことです。

ここでは詳細は避けますが、関心ある方はこちらの記事を参考にしてください。

NEM Symbolがテストネットリリース、年末のメインネットローンチに向けた準備段階に

ネムの月足チャート分析

さて、ネムがどのくらい出遅れているのか?

まずはネム(XEM)の月足チャートから見ていきましょう。



ネムがいかに出遅れているのか?

その答えは、ネムの月足チャートを見るのが最もよく理解できます。

すでに史上最高値更新(2017年12月高値)を抜き去ったビットコインに比べると、大きく出遅れているのは言うまでもなく、他のアルトコインに対しても出遅れています。

なぜ、これほど出遅れているのか?悪い材料でも抱えているのでしょうか?

出遅れている最も明確な回答は、リップル相場を見るとよくわかります。

リップルは、ビットコインはもちろん、つい最近まではイーサリアムと比較しても大きく出遅れていました。ところが、直近では最も上昇率を高い相場を展開しています。

実は、リップルとネムには共通点があります。それは、2017年度に他のコインを遥かに凌ぐ上昇率で爆上げ相場を展開したということです。

期待が大きい分、上昇率も大きかったわけですが、その後の長期下落相場ではその反動もすさまじかったということです。

しかし、ここにきて、超出遅れ株のリップルが爆上げしたように、ネムもついに重い腰を上げようとしており、月足チャートを見る限り、上昇相場が近づいてきているように思われます。

時間論から見たネム(XEM)が面白い

ネムの月足チャートには非常に面白い周期性が見られます。

2018年1月初旬に日本円で245円の史上最高値を付けてから急落し、2019年2月に3円台まで暴落しますが、この間が13か月

この2019年2月からいったん反発するものの、2020年のコロナショックでは他のコインとともに急落し3月に2円90銭台の暴落相場での最安値をつけますが、この間も13か月間となります。

つまり、ネム(XEM)もコロナショックによる安値が当面の安値となった可能性が高く、それが今日の上昇相場に繋がっているとも思われます。

さらに、ネムの長期下落相場での戻り高値2019年5月の14円台から、上記コロナショック直前の2月に付けた戻り高値までが9か月間、この2月から今回の上昇相場が確定した11月が9か月目となります。

一目均衡表の時間論から推論すると、2020年3月安値は大底となった可能性が非常に高く、同じく2020年11月から新たな相場(トレンド)が発生していると考えられるのです。

ネム(XEM)の相場はまだまだ若い

史上最高値から見ると、大きく出遅れ感のあるネムですが、とは言え、3月の2円90銭台からするとすでに価格は10倍以上値上がりしていることになります。

週足チャートで値動きを確認しておきましょう。

この2年間のネムの週足チャートです。

この2年間で見ると、この4週間ほどでネム相場は暴騰しています。ボリンジャーバンドからはミドルライン(センターライン)をサポートラインとして急騰しているのが見て取れ、現在+2σラインをを超えたところでさすがに利確売りが出ているというところです。

しかし、同じチャートも2017年後半から見ると以下のようになります。

2017年後半からの週足チャートで見ると、11月からの急騰相場にてようやく長い期間続いたボックス相場を抜き出てきたというところなのです。

上記の月足チャートに戻ると、実は2018年1月から月足ボリンジャーバンドのミドルラインでサポートされ反発に転じた2020年10月は33か月目となっており、一目均衡表の基本数値とも一致しており、ここからも新しい相場が始まったことを示唆しています。

この相場が以前のように一過性のものであるならば、再度価格はボックス圏内に吸収されることになるのかもしれませんが、そうでないならば高値更新を続けていくはずです。

ネムの日足チャート分析

直近のネムの動きも確認しておきましょう。

ネムの日足チャートです。

ネムの日足チャートも、、日足ボリンジャーバンドのミドルラインをサポートラインとしきれいに上昇トレンドが描かれています。

さらに、コロナショック安値から9月高値までに引いたフィボナッチリトレースメントでは、1.618倍となる水準でいったん足踏みするものの、12月17日にこのレジスタンスラインを明確に突破し新たな水準に突入しているように見えます。

このフィボナッチリトレースメント1.618倍にあたる26円台の水準はサポートラインとして強く意識されることになりそうです。

日足ボリンジャーのミドルラインは強烈に上昇しており、このサポートライン(26円台)を超えてくるところでは、さらに上昇余地も生まれてきそうです。

仮想通貨相場はまだ終わらない

一体この強い相場はいつまで続くのか?

2018年からの長すぎる下落相場を体験した仮想通貨ホルダーならば、誰しも「もうはまだなり」なのか「まだはもうなり」なのか悩むところでしょう。

結論から言うと、米ドル次第であり、個別コイン次第であるということになりそうです。

現在、投資相場として強いのは仮想通貨相場だけではなく、株式市場はもちろんのこと、商品市場も強い相場となっています。

つい1年ほど前にマイナス価格となった原油価格まで気が付けば高水準で推移しています。

EVの時代と言われ、枯渇問題まで指摘される原油相場にさえ大量の投資資金が流入しています。

この最たる理由とは、単にバブルという単純なものではなく、米国をはじめとする世界各国の未曾有の金融緩和政策となります。

多くのクジラは、米国の金融政策に注視しており、米ドルが売られるのか、あるいは買われるのかに当面は一喜一憂することになります。

目安としては、株式市場が大きく下落しない限りは、仮想通貨相場も大きく下げることはないと思われますし、個別の銘柄で見た場合には、史上最高値を更新したビットコインよりも、これからはネムのような出遅れ銘柄に投資資金が流入する可能性は高いでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!