COIN TOKYO

  • 2021/01/03
  • 2021/01/03
  • コイン東京編集部

ポルカドット(DOT)が前週比74%上昇。時価総額で仮想通貨市場6位に躍進

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルカドット(DOT)が前週比74%上昇。時価総額で仮想通貨市場6位に躍進 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
過去1週間で73.5%上昇したポルカドット(DOT)は、1月3日に9.06ドル@DOT、時価総額86億ドルで市場6位にランクしている。12月末に6ドル@DOTの過去最高値を突破したポルカドットは現在、ビットコインと同様に価格発見モードに入っている。



仮想通貨取引所 コインチェック

ポルカドット(DOT)が前週比74%上昇

4時間足チャートのDOTは、RSIが買われすぎの領域から調整を経て60前後を示しており、強気を維持している。取引量は強力で8.2ドル付近は強気筋が支えており、8.5ドル台を上抜けたことで、DOTは更なる上値の可能性を示唆している。

2020年以来、助成金プログラムで200以上のプロジェクトに資金提供

ポルカドットは、大本を成すブロックチェーンと繋がっているブロックチェーン(パラチェーン)間でのデータ、トークンの交換、セキュリティ担保を可能とするスマートコントラクト・プラットフォームだ。次世代プロトコルの中で最も急速に開発者、VC、マスコミを惹きつけており、2020年にローンチしたポルカドット上では既に200以上のプロジェクトが開発、274以上のバリデーターが支える最も分散化されたハイバリュー・ネットワークの一つとなっている。

イーサリアムとの相互運用性は重要な特徴であり、Moonbeam、Acalaなどのプロジェクトはポルカドットネイティブでありながら、開発者やユーザーがメタマスク等のプロダクトを介して2つのブロックチェーンをシームレスに利用できる利点がある。

ポルカドットは現在、イーサリアムに次ぐ2番目にアクティブなDeFiエコシステムとなっている。ステーブルコイン、分散型取引所、オプション(デリバティブ)、レンディングなどのプロトコル開発が進行しており、DOTトークンの需要はますます高まるだろう。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】





仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード