COIN TOKYO

  • 2021/01/14
  • 2021/01/14
  • コイン東京編集部

米グレイスケール、暗号資産リップル(XRP)の投資ファンドを解散

このエントリーをはてなブックマークに追加
米グレイスケール、暗号資産リップル(XRP)の投資ファンドを解散 +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米デジタル通貨資産運用会社グレイスケールは、投資ファンド「XRPトラスト(Grayscale XRP Trust)」の解散を発表した。グレイスケールは保有するXRPを清算し費用を控除して、XRPトラストの顧客に現金を配布する。



仮想通貨取引所 コインチェック

暗号資産リップル(XRP)の投資ファンドを解散

グレイスケールはこの処置の理由として、2020年12月22日に米証券取引委員会(SEC)によりリップル社が提訴された、XRPの証券性を巡る訴訟に言及している。

SECの提訴を受けて、暗号資産XRPは主要なデジタル資産取引プラットフォームから上場廃止となってきた。13日のリリースでグレイスケールは、XRPトラストの根底資産となるXRPを今後米ドルに交換することが困難になる可能性があるとして、解散という結論に至ったという。

グレイスケール・インベストメンツは、2020年12月31日時点で200億ドル以上の運用資産を有する世界最大のデジタル通貨資産運用会社だ。同社は9つの暗号資産投資信託を有し、顧客がデジタル通貨を直接購入、保管することなく、デジタル通貨へのエクスポージャーを提供する。今月初めに同社はグレイスケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド(Grayscale Digital Large Cap Fund)のリップルのポジションを清算していた。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード