COIN TOKYO

  • 2021/01/17
  • 2021/01/17
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は上値を更新する値動きに!イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【1/17】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は1月14日以降から上昇チャートを形成し、上値を大きく伸ばす展開を見せています。長期的にはまだまだレンジ相場の価格帯ではあるものの、このまま長期的にも上昇チャートへの転換が確認されるのでしょうか?チャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は長期的なレジスタンスラインに再び接触を見せる!

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC4時間足

(TraidingViewのETH/BTC 4時間足チャート)

ETH/BTCの4時間足チャートを分析していきます。1月4日まで急上昇の値動きを続けていたイーサリアム(ETH)は、2020年10月からのレジスタンスライン近辺で反落、その後も4時間足チャートにて3度のレジスタンスライン接触を見せたものの、上昇には至りませんでした。

強力なレジスタンスラインが機能しているイーサリアム(ETH)相場ではあるものの、対する下値も200日移動平均線上での反発を繰り返しており、下値に関しても固い印象の強いラインが形成されています。

そんな中、本日1月17日には5度目のレジスタンスラインへの接触、更にその後短期的な揉み合いの値動きがレジスタンスライン上で確認されています。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのETH/JPY 4時間足チャート)

ETH/JPYの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも1月12日以降下値・上値共に切り上げる展開が続いており、1月10日の最高値接触まで残りわずかとなった相場となっています。

20日移動平均線の向きからも判断できるように、現在の値動きは高値を目指した値動きとなっているものの、上昇チャートにはしっかりと反落の値動きも加わっており、勢いのある上昇チャートとは言えません。

そんな中、注目したい価格帯としては、本日1月17日の下値です。本日の下値は最高値である1月10日から形成される下降トレンドラインであり、現在はこのトレンドラインが意識されサポートラインとして動こうとする動向が確認されます。

このままトレンドラインがサポートラインとなる場合、イーサリアム(ETH)は最高値への接触の可能性が高まりますが、仮にトレンドラインを下回る場合、買い圧力と共に売り圧力も強く発生していることから、head and shoulderも不安視されるため注意が必要な相場となります。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対法定通貨チャートでは本日1月17日に再び長期的なレジスタンスラインへ接触を見せているイーサリアム(ETH)。

2021年1月に入り、レジスタンスライン接触時のパターンとして、7日までの値動きではすぐに反落の値動きが加わり、4時間足チャートでは実践が形成されないほどの強い売り圧力が発生していることが判断できます。

しかし1月11日時点のレジスタンスライン接触時はすぐに反落が起きたものの、ローソク足はしっかりと実線の形で反落を起こしました。

本日1月17日には遂に実線での接触はもちろん、短期的な揉み合いの値動きにもなっており、レジスタンスライン上での売り仕掛けが1月上旬と比較して減っていることが把握できます。既に下値は200日移動平均線で支えられていることも意識されているイーサリアム(ETH)はレジスタンスラインを超える可能性が高まっている相場となっているでしょう。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートで今後注目したい価格帯として、現在推移している長期的なレジスタンスライン0.034BTC台近辺をこのまま明確に超えることが出来るのか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!