COIN TOKYO

  • 2021/01/29
  • 2021/01/29
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は一時強い下落の値動き!イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【1/29】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は1月24日に2020年9月の最高値を更新する値動きを見せ、価格を急上昇させました。上昇後、しかし上昇後のイーサリアム(ETH)は本日1月29日までに強い反落の値動きも起こしている状況です。イーサリアム(ETH)のチャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は前回の高値が強いサポートラインにはならず

イーサリアムETH)価格チャート:対BTC4時間足

(TraidingViewのETH/BTC 4時間足チャート)

ETH/BTCの4時間足チャートを分析していきます。1月24日に直近上値を大きく更新し、最高値を0.044BTC台まで伸ばしたイーサリアム(ETH)。直近高値を一時上回ったことでその後強い下落の値動きも伴いました。

反落の値動きは一時、前回の最高値であった0.04BTC台近辺で止まり、その後短期的な揉み合いの値動きへと移行したものの、本日1月29日までに短期レンジ相場は下方へ放たれる結果となりました。

前回の高値にてサポートラインが形成されれば、更なる上値更新も期待できたイーサリアム(ETH)は、結果非常に強い反落を起こし、勢いのある上昇相場は一段落しています。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのETH/JPY 日足チャート)

ETH/JPYの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは2021年1月上旬より非常に強い上昇への値動きが続いていましたが、1月11日の強い反落により、相場は揉み合いながら徐々に上値を伸ばしている相場へと切り替えています。

上昇チャネルに沿って上値を更新しているイーサリアム(ETH)は、確かに買い圧力が上回っているものの、反落も繰り返されていることから、同時に強い売り圧力も確認されている状況であり、下落への値動きが起きやすい相場ともいえます。

またMACDにてダイバージェンスが発生していることも、相場への警戒が強まる要因となっています。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでのイーサリアム(ETH)は、前回の高値でのサポートが弱かった展開となっているものの、次に意識される1月22日の下値、0.0354BTC台近辺でサポートが確認され、更に上値を伸ばすことが出来れば、ダウ理論からも上昇トレンドが継続ということになります。

しかし仮に0.0354BTC台でサポートが確認された場合も、反発の値動きが限定的となる場合、イーサリアム(ETH)チャートでは下降サインであるhead and shoulderの形成も考えられ、相場観としては更なる下落への不安感が高まる状況となるため、サポートライン形成後の上値の位置に注目する必要があるでしょう。

0.0354BTC台を明確に下回る場合も、ダウ理論の観点では上昇トレンドを否定することになります。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートにて今後注目したい価格帯として、下値に関しては0.0354BTC台近辺がサポートラインとして機能するのか注目です。

また仮に0.0354BTC台近辺がサポートラインとして機能する場合、最高値である0.044BTC台を上回る程の反発が認められるのか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。





仮想通貨の最新情報をお届けします!