COIN TOKYO

  • 2021/02/01
  • 2021/02/01
  • コイン東京編集部

暗号資産ステラルーメン(XLM)、2021年のロードマップの公開:採用拡大に本腰

このエントリーをはてなブックマークに追加
暗号資産ステラルーメン(XLM)、2021年のロードマップの公開:採用拡大に本腰  +仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ステラ開発財団(SDF)は、ステラブロックチェーンの2021年のロードマップを公開した。SDFは、ステラブロックチェーンの開発者数、トランザクション数、採用の拡大に焦点を当てている。



仮想通貨取引所 コインチェック

暗号資産ステラルーメン(XLM)、2021年のロードマップの公開

SDFはまた、エコシステムの多様性を高めるためのいくつかの目的を設定しており、3つの「戦略的柱」としてステラの使いやすさ、可視性のサポート、持続可能な開発の促進を掲げた。

2020年にステラルーメン(XLM)は、多方面でコラボレーションを実現させている。7月に韓国サムスンはブロックチェーンスマホの開発ツールKeystoreにステラ・ブロックチェーンを含めることを発表した。この統合によりスマホ端末Galaxyにステラの秘密鍵を保存できるようになり、数百万のグローバルユーザーがブロックチェーンスマホを介してXLMに直接アクセスできるようになっている。

さらに、仮想通貨ウォレットプロバイダーAbraは、ステラ・ネットワークを使用して銀行サービスを提供することを計画している。AbraのBill Barhydt CEOは「仮想通貨に慣れていない消費者が、口座上で米ドルを預け、金利を得ることができる」と語った。

先月初めにステラ開発財団(SDF)は、ウクライナのデジタル省との間で中央銀行デジタル通貨(CBDC)とステーブルコインの仮想資産インフラに取り組む契約を締結したことを発表した。

ステラの暗号資産ルーメン(XLM)も、2020年初めの0.049ドルから、現在0.31ドルに上昇しており、500%以上上昇した。現在、XLMは時価総額で10位にランクされている。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】




仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード