COIN TOKYO

  • 2021/02/02
  • 2021/02/02
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は揉み合いの値動きが続く中、上昇へ動く可能性も上がった?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/2】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)は本日2月2日まで引き続きレンジ相場での値動きが続いています。長く揉み合いの値動きが続いているビットコイン(BTC)ですが、今後上昇への値動きとなりやすい展開になっているのでしょうか?チャートを分析していきます。

ビットコイン(BTC)は1月29日に短期下降トレンドラインを突破

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY日足

(TraidingViewのBTC/JPY 日足チャート)

BTC/JPYの日足チャートを分析していきます。ビットコイン(BTC)は1月8日まで上昇の値動きを続け、一時400万円台を超える値動きとなったものの、その後反落の値動きからレンジ相場へ移行しています。

本日2月2日まで、引き続きレンジ相場価格帯での推移が続いているビットコイン(BTC)ではありますが、1月29日にはレンジ相場価格帯内で形成されていた下降トレンドラインを上回る展開が確認されています。

トレンドライン突破後、短期的な上昇の値動きを起こしたビットコイン(BTC)でしたが、上昇はレンジ相場のレジスタンスラインで止まる展開となりました。

結果レンジ相場は続きますが、レジスタンスラインからの反落は、前回抜けた下降トレンドライン上で下値を形成する形となっています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

現在のビットコイン(BTC)の相場は、1月14日以降、下降トレンドラインを形成し、短期的な下降チャートとなったものの、300万円台近辺がサポートラインとなり、ダブルボトムを形成し、トレンドラインを抜けた事で一時的な上昇を見せたとも捉えることが出来る相場です。

今後の展開としては、1月14日から形成された下降トレンドライン及び20日移動平均線が推移する345万円台近辺が下値として意識され始めることで、ビットコイン(BTC)は再び1月からのレンジ相場レジスタンスラインを突破しようとする値動きが見られる可能性があります。

また345万円台近辺は、今後4時間足チャートにて一目均衡表雲も推移する価格帯であり、下値として意識しやすい閣下歌いでもあります。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

ビットコイン(BTC)チャートにとって、現在推移している345万円台近辺がサポートラインとして形成されるのかが注目するポイントとなります。

345万円台から再び上昇の値動きを見せる場合、ビットコイン(BTC)相場は、既に300万円台でしっかりとしたサポートラインが形成された可能性が高く、再び上昇チャートを形成するための下値が形成されたと捉えやすい相場です。

しかし345万円台を明確に下回る場合、ビットコイン(BTC)チャートは下降トレンドライン及び20日移動平均線、4時間足チャートでの一目均衡表雲など複数の要因から弱気相場を示唆する形となり、相場観としては下落への不安感が増す相場となる場合があるでしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

ビットコイン(BTC)チャートにて、最も注目したい価格帯は今後、345万円台近辺がサポートラインとなり、レジスタンスラインである395万円台近辺を突破出来るのか注目しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!