COIN TOKYO

  • 2021/02/05
  • 2021/02/05
  • コイン東京編集部 KAZE

イーサリアム(ETH)は高値圏を推移!対法定通貨では最高値更新!イーサリアム(ETH)の今後を価格チャートから分析【2/5】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーサリアムのチャート分析画像
イーサリアム(ETH)は本日2月5日まで上昇チャートを形成、対JPYチャートでは最高値を更に更新する値動きとなっています。強気相場が続くイーサリアム(ETH)は、今後も更に上値を伸ばす展開となるのでしょうか?チャートを分析していきます。

イーサリアム(ETH)は高値圏で短期的な揉み合いの値動き!

イーサリアム(ETH)価格チャート:対BTC4時間足

(TraidingViewのETH/BTC 4時間足チャート)

ETH/BTCの4時間足チャートを分析していきます。1月29日より短期上昇チャートを形成しているイーサリアム(ETH)は、本日2月5日までに高値圏で推移しています。

1月29日から上昇チャートを形成しているイーサリアム(ETH)ですが、現在推移している価格帯は1月20日以降からのレンジ相場レジスタンスラインでの推移ということになり、これまでの短期上昇チャートは一時止まりやすい状況となりました。

しかしレジスタンスライン接触後も反落の値動きを見せていないイーサリアム(ETH)は、このまま上昇チャートを形成するのか注目です。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

イーサリアム(ETH)価格チャート:対JPY4時間足

(TraidingViewのETH/JPY 4時間足チャート)

ETH/JPYの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでは1月上旬より上昇チャートが続いており、特に1月11日以降は上昇チャネルに沿った値動きが続く展開となりました。

上昇中のイーサリアム(ETH)は、上値を更新する値動きが続いていましたが、同時にしっかりと反落の値動きも加わっており、買い圧力と共に売り圧力もしっかりと確認された相場となっています。

売り圧力が強い状況でもあるため、大きな下落への可能性も危惧されていたイーサリアム(ETH)ですが、2月3日に上昇チャネルを突破するほどの上昇の値動きと共に、反落時は上昇チャネルラインがサポートラインとして機能する展開となりました。

今後も上昇チャネルがサポートラインとして機能する場合、明確な下値が意識されることで更に上値を伸ばす可能性が考えられます。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでは1月20日からのレンジ相場上値圏で推移しているイーサリアム(ETH)。今後は2月4日から形成される揉み合いの値動きの中で、徐々に下値を切り上げる展開となる場合、このままレンジ相場を上抜けする可能性が高まることになります。

またレンジ相場レジスタンスライン上での値動きでは、出来高の反応も今のところ鈍く、強い売り圧力が加わっている印象も少ないことから、短期的な下値の切り上げによるレジスタンスライン突破に期待です。

現在の価格帯から反落が起きる場合、レンジ相場が継続するわけですが、下値が2月1日の下値から更に切りあがるのか注目です。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートにとって、0.045BTC台近辺は1月中旬からのレジスタンスラインであるため、上値は重い展開となるものの、0.045BTC台を突破する場合は更に大きな上昇を見せる可能性が高まります。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。





仮想通貨の最新情報をお届けします!