COIN TOKYO

  • 2021/02/10
  • 2021/02/10
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は短期上昇チャートをどこまで伸ばせるのか?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【2/10】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は2月1日の下降チャート形成以降、レンジ相場が形成されています。本日2月10日にレンジ相場内ではあるものの、短期的な上昇チャートを形成し始めているリップル(XRP)。今後どのような値動きとなるのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は上値を伸ばす展開に!レンジ相場を上抜けするのか?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC60分足

(TraidingViewのXRP/BTC 60分足チャート)

XRP/BTCの60分足チャートを分析していきます。2月1日の下降チャート形成後から、0.00001BTC台をサポートラインとするレンジ相場を形成したリップル(XRP)は、2月5日より一時上値を伸ばす展開となったものの、2月1日の下降チャートに対するフィボナッチライン上で上昇の値動きは止まっています。

その後、下降チャネルを形成しながら徐々に上値を切り下げる展開となったリップル(XRP)は、一時0.00001BTC台を下回る展開とはなったものの、その後値動きを反転させ、下降チャネルラインを上回る展開となりました。

現在上値を0.0000116BTC台まで伸ばしたリップル(XRP)は一時揉み合いの展開へ切り替わっています。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD60分足

(TraidingViewのXRP/USD 60分足チャート)

XRP/USDの60分足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも2月1日の下降チャート以降、レンジ相場が形成されています。

レンジ相場の中で、2月5日には上値を伸ばす展開となり、新たなレジスタンスラインが意識される形で揉み合いの値動きが継続。更に本日2月10日には2月5日以降から意識されているレジスタンスラインを突破したことで上値を更に伸ばす展開となりました。

2月1日の下降チャートに対するフィボナッチラインへ接触したことをきっかけに上昇を止めているリップル(XRP)。今後前回のレジスタンスラインがサポートラインへロールリバーサルされるのか注目するポイントとなるでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

本日2月10日にレンジ相場内にて上昇チャートを形成したリップル(XRP)ですが、上昇チャート形成前の値動きとしては、それまでのレンジ相場サポートラインを下回った際に上昇への値動きへ転じています。

レンジ相場サポートラインが明確に意識された形ではなく、更にサポートラインを割り、下値を更新したとしても2月以降の最安値であり、2月1日の下降チャートからの底値だと断定するには早すぎる期間となっています。

そのため今回の上昇は非常に不安定な中での上昇と捉えやすく、結果直近上値である0.0000128BTC台へ到達する前に既に揉み合いの値動きへ移行しています。

そのため今後の展開としては再び下落方向へ押し戻される可能性も十分考えられる、不安定な相場だと言えるでしょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートにて今後注目したい価格帯として、直近上値である0.0000128BTC台まで上値を順調に伸ばしきれるのか注目です。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!