COIN TOKYO

  • 2021/02/11
  • 2021/02/11
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は比較的激しい値動きが続く!今後の展開は?リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【2/11】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は2月1日の大きな下落以降、揉み合いの値動きを展開しています。2月5日よりレンジ相場にて上値を伸ばしたリップル(XRP)はその後すぐに反落、そして再び上昇と激しい値動きが続いている状況です。方向感の無いリップル(XRP)は今後どのような展開となるのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)はレンジ相場にてサポートラインが意識されているのか?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC60分足

(TraidingViewのXRP/BTC 60分足チャート)

XRP/BTCの60分足チャートを分析していきます。2月1日に上昇チャートから一気に反落の値動きとなったリップル(XRP)はその後0.00001BTC台をサポートラインとするレンジ相場が形成されました。

2月5日にはレンジ相場の上値を伸ばす展開となったものの、フィボナッチラインに接触したことをきっかけに再び下落、下落の値動きは一時サポートラインとして意識されていた0.00001BTC台を下回る展開にまで至りました。

サポートライン割れ後、2月10日に再び上昇の値動きを見せたリップル(XRP)、上昇の値動きはそれまでに形成されていた下降チャネルラインで下値を一時形成したこともあり、上値を伸ばしたものの、フィボナッチラインが推移する上値まで上昇に至りません。またサポートラインが明確に意識されていないこともあり、短期的に大きく反落。チャートはイッテコイの形となっています。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD60分足

(TraidingViewのXRP/USD 60分足チャート)

XRP/USDの60分足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも2月1日の下降チャート以降レンジ相場が形成されていますが、レンジ相場は本日2月11日までに徐々に下値・上値共に切り上げる展開が続いており上昇チャートへ移行しています。

2月10日に2月5日以降から意識され始めたレジスタンスラインを突破したことで上値を伸ばしたリップル(XRP)ですが、2月1日の下降チャートに対するフィボナッチラインへ接触したことにより上昇を止め、一時非常に強い反落を起こしました。

買い圧力は優勢ながらも売り圧力も強いボラティリティの高い相場下で今後上値を切り下げながら、下降型のトライアングルパターンが形成されるのか注目するポイントとなります。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

対BTCチャートでも2月10日に非常に強い反落を形成したことで、イッテコイが形作られたリップル(XRP)ですが、本日2月11日までに再び上昇方向への値動きと共にわずかに直近上値を超える展開となっています。

非常に値幅が激しい値動きが続いているリップル(XRP)は対法定通貨チャートと同様に買い圧力と共に売り圧力も強い相場となっています。

そのため緩やかな上値更新は売り圧力を強めやすく、ボラティリティの高い相場が続く可能性があります。

注目したい点はやはり抵抗線・支持線が意識され始め、値幅が収束する展開となることが勢いのある上昇を作り出すポイントとなるのではないでしょうか。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートで今後注目したい価格帯として、0.00001BTC台近辺がサポートラインとして機能し続けているのかどうかと2月10日の反落以降、下値が切りあがっていくのか注目するポイントとなります。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!