COIN TOKYO

  • 2021/02/19
  • 2021/02/19
  • コイン東京編集部 KAZE

リップル(XRP)は長期的に見ると、2月より持ち合いの形に!リップル(XRP)の今後を価格チャートから分析【2/19】

このエントリーをはてなブックマークに追加
リップルのチャート分析画像
リップル(XRP)は1月30日からの急上昇後、上昇の半値を超える反落を経由した後に、本日2月19日まで持ち合いの値動きが続いています。方向感の無い値動きは今後もしばらく続くことになるのでしょうか?チャートを分析していきます。

リップル(XRP)は今後更に上値を収束させるのか?

リップル(XRP)価格チャート:対BTC日足

(TraidingViewのXRP/BTC 日足チャート)

XRP/BTCの日足チャートを分析していきます。1月30日の急上昇により上値を一時0.000022BTC台まで伸ばしたリップル(XRP)ですが、上昇は長く続くことはなく、2月1日には非常に強い反落の値動きを起こしました。

反落の値動きは上昇分の半値を超えるほどの下落となっており、その後0.00001BTC台をサポートラインとして、上値は75日移動平均線がレジスタンスラインとして意識される持ち合いパターンを形成しています。

75日移動平均線に沿って、上値を切り下げる展開となったリップル(XRP)は今後更にレンジ相場が継続する可能性があります。

対ドル(USD)のリップル(XRP)相場

リップル(XRP)価格チャート:対USD日足

(TraidingViewのXRP/USD 日足チャート)

XRP/USDの日足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでも1月30日に急上昇の値動きから2月1日に非常に強い反落の値動きを起こしたものの、その後再び上昇チャートを形成する展開となっています。

上昇の値動きから2月14日より調整の値動きへ切り替わっているリップル(XRP)。下値は20日移動平均線及び1月30日から2月1日の実線が推移する価格帯で下落の勢いを止めており、今後再び上昇方向への値動きを試すのか注目です。

仮に現在の下値から再び上昇方向へ動き出す値動きとなる場合、下値は明確に意識されるラインが形成されることになり、押し目買いの動きが伴いやすい相場へと移行することになります。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

下値は0.00001BTC台、上値は75日移動平均線に沿った値動きとなっているリップル(XRP)。値幅自体は2月1日と比較して収束する展開となっているものの、日足チャートでの高い出来高の反応も今のところ確認されていないことから、持ち合いの値動きは更に続く可能性が考えられます。

日足での2月1日の実践から下降トレンドラインを引く場合、トライアングルパターンの収束点は3月以降となる見通しであり、今後もサポートライン、75日移動平均線がレジスタンスラインとして機能するのか注目です。

またライン近辺での出来高の反応にも注目していきましょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

リップル(XRP)チャートにて注目したい価格帯は、本日2月19日の場合、上値は0.0000129BTC、下値は0.00001BTC台近辺に注目していきましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!