ネム(XEM)レジスタンスライン突破で30%超の暴騰!次に控える抵抗線はどこだ?

ネム(XEM)が強力なレジスタンスラインであった48円前後を突破し30%超の暴騰を見せ、60円台目前となる59円台まで上昇しています。60円強の水準には次なるレジスタンスラインもあり、ここを上抜けるのかどうか、また、いったん調整となる場合48円から50円前後のサポートラインを守れるのかにも注目です。

目次

ネム(XEM)48円越えから60円目前まで暴騰




ネム

(XEM)

が強力な

レジスタンスライン

であった

48円

前後の水準を突破して急騰、60円目前となる

59円

台まで上昇しています。

前回指摘しましたように、48円前後にある強力なレジスタンスラインに一度は跳ね返され

43円

台まで下落するものの、強い暗号通貨相場に支えられ徐々に上昇開始し、今度はレジスタンスラインをあっさりと突破した形となります。

やはり直前に見せた「

聖杯

」からの上昇トレンドは

相当強い

と考えてよいでしょう。

さて、こうなると超出遅れコインとなるネム(XEM)の今後はかなり期待できるものとなりそうです。

ネム(XEM)の次なるレジスタンスラインとは


ネム(XEM)は

59円

台まで暴騰したものの、現在、

55円

台まで反落しています。

もちろん、これはネムだけに発生しているというわけではなく、ビットコインはじめとする強い暗号通貨市場全般の反落に従ったものです。

それでは気になる

ネム(XEM)の次のレジスタンスライン

とはどのあたりに存在しているのでしょうか?

チャートで確認してみましょう。


前回と同じ週足チャートですが、2017年12月の史上最高値から2020年3月のコロナショックによる最安値に

フィボナッチリトレースメント

を引いています。

前回は、

38.2%ラインとなる50円

、加えて2018年に抵抗線となった

48円

台がレジスタンスラインとなり

43円

台まで反落していますが、今回も同様に

フィボナッチリトレースメント50%

の目前で反落しています。

これは偶然ではなくいかに多くの投資家がこのフィボナッチリトレースメント50%ラインを意識していたかということであり、ここには相当の売り物がそもそも控えていたのもと思われます。

従って、今度は新たにレジスタンスラインとなった

60円80銭前後

の水準を上抜けることができるかどうかがポイントとなります。

また、フィボナッチリトレースメント38.2%ラインである50円台前後のところは今度は


サポートライン

(支持線)

となりますので、これが機能するのかどうか、あるいは、この水準まで下落するのかどうかも注目となります。

さらに、今の勢いのまま60円台をも突破した場合には、次は

最も強力なレジスタンスラインとなりそうなフィボナッチリトレースメント61.8%ライン(74円70銭前後)の水準

が待ち受けています。

週明けの株式市場次第では調整の可能性も


強さばかりが目立つ暗号通貨市場ですが、前回も指摘したように

株式市場の動きには影響される可能性

があります。

週末のニューヨーク市場では反発していた株式市場ですが、引けにかけては急落しており、引け後の先物市場ではマイナスに転じています。

週明けから株式市場が軟調な動きを見せるようだと、ビットコインがいったん調整入りする可能性にも注意が必要であり、その場合には

ネム(XEM)の調整

も頭に入れておいたほうがよさそうです。

ただし、土日は暗号通貨市場しか動きませんので、ここは株式市場の影響はそれほど受けることはありませんので、さらに上昇する可能性は当然残ります。



目次