ビットコイン(BTC)1週間で25%超の上昇で600万円台へ!目先は調整入りを示唆する2つの兆候に注意?

ビットコイン(BTC)の上昇が止まりません。先週1週間で25%超の上昇を見せ600万円台に突入しています。しかし、どんな強い相場にも調整は必要となり、ビットコインにも調整入りを示唆する兆候(サイン)がいくつか点灯しています。今週のビットコインは調整入りとなるのかどうか見極める時間帯となりそうです。

目次

ビットコイン先週1週間で25%超の上昇


ビットコインの上昇相場が止まりません。

2月11日に500万円台に突入したビットコインですが、同じく9日後の2月20には

600万円台にまで突入

しています。

今年の元旦(1月1日)のビットコインの価格はほぼ

300万円

ですから、

2か月もしないうちに価格が倍

になったことになります。

まさに、天井知らずの相場という感もしますが、どんな強い相場にも

調整

は必要となります。

ビットコイン600万円越えで見えてきた抵抗ライン


2月21日(日)ビットコインは

614万円

まで急騰するもののその後反落、

586万円

まで

約28万円急落

しています。

さあ、スピ―ド調整完了、ということで再度高値更新していくのではと期待したくなるところですが、その前に何故614万円で止まったのかを考える必要があります。

この水準にありそうな抵抗線(

レジスタンスライン

)というと、やはり

6万ドルの壁

ということになりそうです。

私たち日本人からすると円建てのほうが分かりやすいのですが、海外ではドル建てが一般的となりますので、世界中の投資家が6万ドルという価格帯を相当意識することになります。

つまり、すでに4週連続で陽線からの上昇となっているビットコインにとっては、調整するならちょうどよいタイミングということになるのかもしれません。

ビットコインに調整入りを示す2つの兆候

ビットコインのチャート上には、

調整入りを示すいくつかの兆候(サイン)

が出てきています。

チャートを確認しながら、一つ一つ確認していきましょう。


昨年から頻繁に見られる22日周期

昨年からビットコインには

22日前後の周期

が頻繁にみられています。

株式市場などの場合、1か月の稼働日が22日前後となるため良く見かけるサイクルですが、土日も市場が開いている仮想通貨にとってはそれほど関係ないと思われてきました。

しかし、今回の暗号通貨爆上げ相場の主役は

、機関投資家やヘッジファンド

と思われますので、そう考えると22日周期もあながち有り得るのかもしれません。

いずれにせよ、

4回連続している22日周期が5回連続

すると考えると、2月21日(日)の

614万円が目先の高値の可能性

が出てきます。

ここから下落する場合に注目点としては、


ボリンジャーバンド

+1σライン(567万円強の水準)でサポート

されるか、あるいは、


MACD

にデッドクロス

が見られるかどうかです。

4週連続陽線


先週まででビットコインの週足チャートでは

4週連続の陽線

となっています。

今回のビットコイン相場が始まって以来、昨年10~11月にあった7週連続陽線を除くと、

4~5週連続でいったん陽線が止まる可能性

があります。

特に、値幅が拡大していることもあり、今回の4週連続陽線は注意したいところです。

ちなみに、

12月4日~1月4日~までの

4週連続陽線

では、197万円台から435万円台まで

238万円の上昇(220%の上昇率)

1月25日~2月15日~までの

4週連続陽線

では、305万円台から614万円台まで

309万円の上昇(201%の上昇率)

となっています。



目次