COIN TOKYO

  • 2021/02/23
  • 2021/02/23
  • コイン東京編集部

米取引所コインベースのクジラがビットコインを割引価格で大量購入ープレミアムが示唆

このエントリーをはてなブックマークに追加
米取引所コインベースのクジラがビットコインを割引価格で大量購入ープレミアムが示唆+仮想通貨ニュースサイト コイン東京
ビットコインは22日に4万8,250ドルまで下落し、日曜日の最高値5万8,300ドル付近から27.5%下落した。23日時点に53,000ドル強まで回復しており、ビットフライヤーでは5,639,858円(-5.53%)で取引されている。

コインベースのクジラがビットコインを割引価格で大量購入

この下落を加速させたのは、ハイレバレッジで取引されていたロングポジションの強制清算だ。市場では、12時間で36.4億ドル相当の清算が起こった。Binanceが15億8000万ドルの清算額で市場をリードし、Huobi(8億7853万ドル)、OKEx(4億2663万ドル)、Bybt(3億2249万ドル)が続いた。この清算により、BTC無期限先物の資金調達率は、Binanceで0.0686%に低下し、OKExではマイナスになっている。

2大取引所Coinbase ProとBinanceのビットコイン価格のギャップを計測する「コインベースプレミアム」は、過去最低の-1,020ドルにまで低下していたが、下落直後にプレミアムは+486ドルまで急上昇した。Coinbaseのクジラは現在、市場を牽引しており、この機会により多くのBTCを蓄積したようだ。マイクロストラテジーやテスラも、ビットコイン購入の際にCoinbaseを利用したと伝えられている。

CryptoQuantのCEOであるKi Young Ju氏は「たとえさらなる調整があったとしても、44,000ドルを下回ることは考えにくい」と述べている。

この下落でビットコインは「46,700ドルの以前の最高値をサポートとした」とRekt Capitalは指摘している。また、この下落はビットコインにとって調整というほどではないと加えた。「(上昇トレンドの最中でも)30%にも満たない浅いディップは度々起こる」。


【コイン東京専任プロトレーダーによる今後の価格分析】



仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード