COIN TOKYO

  • 2021/02/24
  • 2021/02/24
  • コイン東京編集部 KAZE

ビットコイン(BTC)は100万円幅を超える下落!今後も下落の値動きは続く?ビットコイン(BTC)の今後を価格チャートから分析【2/24】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインのチャート分析画像
ビットコイン(BTC)が2月22日に短期的な上昇トレンドラインを下回ったことをきっかけに非常に激しい下落の値動きへ移行しました。その下値は一時470万円台となっており、下落以前から100万円を超える下落となっています。ビットコイン(BTC)は今後も下落を続けるのでしょうか?

ビットコイン(BTC)は手仕舞いの動きが続き、大幅な下落へ

ビットコイン(BTC)価格チャート:対JPY60分足

(TraidingViewのBTC/JPY 60分足チャート)

BTC/JPYの60分足チャートを分析していきます。2月22日に短期上昇チャートを下回る値動きとなったビットコイン(BTC)。それまで2月8日以降からの値動きでは、上昇トレンドライン上でしっかりと反発を繰り返していたこともあり、相場観としてはトレンドラインブレイクは勢いの上昇チャートを追える一つのサインとして意識されやすいものでした。

またビットコイン(BTC)チャートを4時間足チャートでもMACDで確認すると、2月中旬以降の上昇ではMACD線の上昇は鈍く、上昇トレンドを一時止めるサインであるダイバージェンスも確認され、上昇トレンドラインブレイクと相まり、相場観としては上昇トレンドが一度終了するといった意識も高まりやすい相場だったでしょう。

下落後のビットコイン(BTC)はこれまで強い上昇チャートだったということもあり、買い注文を手じまいする動きが続き、結果下値を大幅に下げる展開となっています。

【ここがポイント】ビットコイン(BTC)/JPYの価格チャートの見方

これまで強い上昇チャートを形成したきたビットコイン(BTC)ですが、今回の100万円を超える下落により、買い注文は入りにくい相場へと移行しています。

今後押し目買いの値動き、買い増しの動きが発生しやすい要素としては、やはり一度明確なサポートラインを形成する必要があるでしょう。

ビットコイン(BTC)の直近の値動きでは、既に540万円台を超えるほどに価格を回復させているも、2月上旬の動きと比較して、買い注文は手放しやすい相場へと移行している可能性があります。

下落後、一時レンジ相場へ移行しやすいビットコイン(BTC)はどこにレジスタンスライン、サポートラインを形成するのか注目です。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

現在推移している価格帯、540万円台は2月23日に形成された一つの下値であり、2月22日以降の下降チャートに対するフィボナッチラインでもあります。そのため今後の値動き内にて節目となりやすい価格帯となり、短期的な値動きに注目です。

仮に短期的な値動きの中で揉み合いを経由し、上値を超える展開となった場合、レジスタンスラインとして意識された価格帯で一時売り圧力が高まったものの、結果買い圧力が上回ったと考えることができますが、短期的に揉み合いの値動きがなく更に上値を更新する場合、市場ではレジスタンスラインとして意識される価格帯が別に存在する可能性があります。

次に意識される価格帯としては、やはり直近上値である580万円台となり、540万円台にて揉み合いの値動きを展開させずに上昇の動きを続けた場合、特に注意が必要でしょう。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

ビットコイン(BTC)は大幅な下落により、今後相場心理として、方向感の値動きへ移行しやすい相場となる可能性があります。方向感を定めるポイントとしては、市場内でレジスタンスライン、サポートラインが形成されることで、上昇・下落のタイミングが一致することになります。

現在反発の値動きを続けているビットコイン(BTC)チャートにとって、540万円台、580万円台では反落の可能性があるため注意しましょう。

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。




仮想通貨の最新情報をお届けします!