COIN TOKYO

\823,251
BTC -0.28%
¥51,501
ETH -0.36%
¥50.29
XRP -0.19%
¥87,262
BCH -0.82%
  • 2018/06/22
  • コイン東京編集部

イギリス政府認可の取引所で仮想通貨ライトコイン(LTC)の先物取引開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
イギリスに拠点を置くクリプトファシリティーズ社は仮想通貨先物取引プラットフォームで、ライトコイン(LTC)先物商品の取引を新たに開始すると発表しました。クリプトファシリティーズ社CEOのティモ・シュライファー氏は、米国メディアCCNのインタビューに答えています。

「先物取引量は非常に堅調に伸びており、2017年第4四半期から2018年第1四半期にかけて84%増加しました。さらにQ1からQ2にかけて約100%増加すると予想しています。毎月のリップル(XRP)の取引量は約1億2500万ドルで、2月の3000万ドルから410%上昇しました。」(同社は2016年8月からXRPの先物商品を販売しています。)

「5月に立ち上げたイーサリアム(ETH)先物は非常に好調で、今四半期に約1億5000万ドルの販売量を見込んでいます。これは総販売量の約10%を占め、新商品としては非常に優れています。」

クリプトファシリティーズが扱う現在の仮想通貨デリバティブ商品にはビットコイン、リップル、およびイーサリアムの先物が含まれており、ライトコインは最新の追加となります。LTCの流動性が高さが先物契約の提供を決めた要因だとシュライファー氏は述べました;
「ライトコインは最も流動性の高い仮想通貨の1つであり、ライトコイン先物商品に対する高い顧客需要がありました。これは、英国の金融庁規制下の最初のライトコイン先物商品です。」
コインマーケットキャップによると、ライトコインの時価総額は6077億円、24時間時取引量は287億円で、市場で6位にランクしています。

クリプトファシリティーズでは24時間年中無休で取引できます。同社は世界最大の先物取引所であるCMEグループと今年5月に提携して、CMEに対してCME CF ビットコイン/ドル参考基準レートとCME CFイーサ/ドル参考基準レート、そしてリアルタイム指数を提供しています。

クリプトファシリティーズは6月22日金曜日にライトコインデリバティブ取引を開始し、トレーダーは週間、月間、四半期単位でロングまたはショートのポジションを取ることが可能になります。同社のアナウンスでライトコインの創設者チャーリー・リー氏は「ライトコインの先物取引はLTCトレード機会をより多くの機関投資家に開放するでしょう。ライトコインの流動性を高め、人々がより売買しやすくなります。」と述べています。

クリプトファシリティーズCEOのティモ・シュライファー氏はさらに、同社のデリバティブ取引をすぐに他のデジタル資産に拡大する可能性があると明らかにしました;

「当社は最も流動性の高い仮想通貨の新たな先物商品に対する顧客の要求に引き続き対応していきます。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る